Skip to content
カテゴリー 扇台福祉作業所 のアーカイブ

入間市扇台福祉作業所 地域公開「ふれあいデー」

入間市扇台福祉作業所では、年に一度、作業所の活動を地域のみなさまに知っていただく機会として地域公開「ふれあいデーを開催しております。利用者が心をこめて作ったクッキー・刺し子、入浴剤などの手作り製品をはじめ、さをりベスト・チュニックの展示販売をおこないます。作業見学では、受注(箱の組立ほか)、刺し子、空缶つぶし、さをりを利用者が実際に行います。食堂では、保護者による喫茶コーナー(有料)がありますのでホッと一息してみませんか。

日時:平成29年9月9日(土)午前10時~午後1時 ※受付時間は午後12時30分まで

会場:入間市扇台福祉作業所(扇台2-7-26)※駐車場は市民活動センター(入間市豊岡4-2-2)をご利用ください。

チラシはこちら→ 29ふれあいデーチラシ

 

入間市扇台福祉作業所 説明会のお知らせ

入間市扇台福祉作業所では、平成27年度作業所説明会を実施します。個別相談もおこなっておりますので、通所をご検討の方、是非お越しください。

◆開催日:
1回目)7月28日(火)13:30~15:00
2回目)8月6日(木)13:30~15:00

◆内容:PR用DVD上映、作業見学・説明、個別相談(希望者のみ)など

◆場所:入間市扇台2-7-26

◆対象:入間市在住の心身障害者・ご家族・学校関係者他

◆申し込み:お電話またはFAXにてお申し込みください。
(FAXの場合は、申込書をご利用ください。)

◆問い合わせ:入間市扇台福祉作業所
電話:04-2962-5308 FAX:04-2962-5458

入間市扇台福祉作業所 作業所説明会チラシ

作業所地域公開 「ふれあいウィーク」

 入間市扇台福祉作業所ってどんなところ・・・そう思ったことはありませんか?

 作業所では地域の方々に活動内容を紹介するとともに、いろいろな作業体験を通して障害者への理解を深めていただき、住みやすい社会の実現につながることを願っています。

 今年は土曜日も含め5日間公開します。知的障害のある方と一緒にクッキー作り・藍染め・さをり等の作業を体験しながら楽しい時間を過ごしてみませんか♪

 また、作業終了後にティータイムを予定しています。 作業所で作ったクッキーやケーキでお茶を楽しみませんか? 😆

  日 時  平成24年6月19日(火)~6月23日(土)
         午前10時~午後3時(11時45分~13時15分は休憩時間)
             ご都合の良い時間帯にお気軽においで下さい。

 場 所  入間市扇台福祉作業所   入間市扇台2-7-26
        電話 04-2962-5308 FAX 04-2962-5458

 

ふれあいウィーク イメージはこちら

 

ふれあいウィーク中の作業内容(予定)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

地域公開日の様子

地域公開日~ 扇台福祉作業所を多くの方に知っていただけました~
11月15日(日)扇台福祉作業所にて作業所地域公開日を開催しました。作業所ってどんなところ?どんな人達が何をしているの?ということを知っていただくことを目的に行いましたが、当日は晴天にも恵まれ、多くの来場者で賑わいました。紙漉き体験、さおり体験、藍染体験等、障害を持った利用者が作業の説明を行い、地域の方々と一緒に取り組む姿がとても印象的でした。「みんさん、とても一生懸命仕事をされているんですね」、「とても明るい雰囲気で心が和みました」、「みんなのがんばる姿を見て、元気がでました」と来場者から様々な感想がありました。障害を持った方と実際に触れ合うことで障害を理解するよいきっかけになったと思います。これからも扇台福祉作業所をよろしくお願いします。
DSCN3149.jpg  DSCN3160.jpg  
  入浴剤作り体験   藍染きれいにそまったかな    紙漉きを来場者に説明

DSCN3139.jpg    
刺子作業がんばってます   さおり体験        利用者の作業スペース

扇台福祉作業所地域公開日のご案内

            扇台福祉作業所地域公開日
扇台福祉作業所ってどんなところ?そこで、誰が何をしているの・・?こうした声に応え、作業所の活動内容を紹介しいろいろな作業体験を通し、障がいを持っている方への理解を深めていただきたいという目的で、作業所公開日を設けてみました。この機会に多くの方に作業所のことを知っていただけたらと思います。みなさんのご来場をお待ちしています。
日 時  平成21年11月15日(日) 午前10時~午後3時
場 所  「扇台福祉作業所」     ※臨時駐車場あります
     
住 所  入間市扇台2丁目7番26号
電 話  04-2962-5308

牛乳パックを使って作るハガキやしおりの紙漉き体験、ミニタオルを染める藍染め体験、さおり体験を行います。障がいを持った方達が作業の説明を行います。みなんさん是非体験してみませんか?
DSCN3051.jpg
みなさんのご来場を心よりお待ちしています!

万燈祭りに出店します!

 
         万燈祭りに出店します! ~  扇台福祉作業所  ~

1024日(土)、25日(日)の2日間に渡り「入間市万燈祭り」が行われます。今年で31回目を迎える万燈祭りは、「一年に一度は市民全員が集まろう」という発想のもとできた祭りで、毎年市外からも含め30万人以上の来場がある入間市の一大イベントです。万燈祭りの名前の由来は市内の社寺で行われていたお祭りなどに、家内安全や健康を祈願しその門々に「万燈」を飾る習慣があったことからつけられた名前で、「市民の足元を照らす明かり」「未来を照らす明かり」という願いが込められているそうです。今年は扇台福祉作業所も参加し、地域の方々との触れ合いを通して、作業所を多くの方に知っていただくきっかけになればと思います。      

クッキー、カップケーキ、ハーブバター等の手作り食品と、しおり、ハガキ、ポチ袋等の紙漉き製品、藍や梅、たまねぎで染めたミニタオルやストールの染色製品、刺子などの自主製品を販売します。ぜひお立ち寄りください!

          

扇町屋二区の納涼祭りに参加して(扇台福祉作業所)

「こんにちは、扇台福祉作業所です!」、「いらっしゃいませ!」、「おいしいクッキーはいかがですか!」利用者の元気なかけ声が夏祭りの雰囲気とよくマッチしています。
今回、初めて扇台福祉作業所が扇町屋二区の納涼夏祭りに参加させていただきました。今まで、同地区に住みながらも交流がなかった地域の方々と、夏祭りを通してとてもよい関わりを持つことができました。
初めての参加であり、出店に対して何をどのくらい準備してよいのか、どの程度売れるのか、見当がつかず不安でしたが、そんな心配は参加してくれた利用者がすぐに吹き飛ばしてくれました。会場に着くや、すぐに販売に参加する人、クッキーやケーキを籠に詰め売りに出る人、また「私達が作ったケーキとクッキーおいしいですよ。いかがですか!」とお客さんに試食を進め呼び込む人など、自分達の仕事として張り切っていました。
そんな利用者達の姿を温かく見守り、「頑張ってね!」と励まして下さる方も多く、快く受け入れて下さった地域の方々に感謝いたしました。
障害の為できないことは、少し手を貸していただきながら、地域で共に暮らしたいと願っています。
    
祭りは大盛況         作業所もお店を出店しました

納品の様子~自主製品を販売しています!~

 「こんにちは!扇台福祉作業所です。納品に来ました。」まずは明るい笑顔であいさつをしてから、納品の仕事が始まります。
作業所で1つ1つ丁寧に作られた製品は、作業所以外では市内の3ヶ所のお店にご協力をいただいて販売しています。そのため、毎月1回、利用者2名(交代制)が職員と一緒にお店を回り、製品の補充や売上の清算などを行っています。これが「納品」です。
納品の仕事は作業所の代表として行くため、「お店の方に好感を持ってもらうにはどうしたらいいか?」を職員が朝の会などで利用者全体に投げかけます。すると利用者から「あいさつ」「明るい笑顔」「言葉づかい」「みだしなみ」「マナー」等々、意見が出され、納品に行くメンバーは責任が果たせるように、それらを意識しながら出かけていきます。
あいさつや清潔・マナー・人との関わり等は、納品に限った事ではなく、地域で暮らしていくために必要不可欠な大切なことなので、あらゆる活動の中で実例を出しながら助言していることです。納品の活動はそれを実践する良い機会になっています。

納品先である『福祉の店1号店(市役所)』『福祉の店2号店(やまゆり荘)』『宇茶戯(アリット)』では、「ご苦労様!」「頑張ってるね」等、スタッフの方々の暖かい声に力づけられることも多く、感謝いたします。


しおりやハガキ等の紙漉き製品、刺子、草木染
タオルなど利用者が心を込めて作っています。 
  

夏の体験ボランティア(扇台福祉作業所)

7月、8月を中心に、ボランティア活動に興味のある人達が参加できるきっかけづくりとして、「夏のボランティア体験プログラム」を毎年実施しています。扇台福祉作業所は824日(月)~28日(金)までを受け入れ期間としたところ、今年は6名の方が応募され、利用者と一緒に紙漉きや刺子、さおりなどを体験しました。障害を持った人と接するのは初めてという方が多く、最初は緊張した様子も見られましたが、利用者の明るさ、優しさ、純粋さに触れ自然と打ち解け合うことが出来たようです。こうしたボランティア体験を通して多くの方に作業所を知っていただくよい機会になりました。
参加者の感想

〇初めて障害者の人達と触れ合ってみて、皆さんのがんばっている姿がとても心に残りました。
〇普段耳の聴こえない人と話す機会がなかったのでよい機会になりました。手話も覚えていきたいです。
〇作業所のみんなと仲良くなれました。またボランティアをしてみたいです。

      
   刺子の体験        利用者が紙漉きの仕方を説明

 

製品価格

自主製品は扇台福祉作業所をはじめ、市役所内の福祉の店・やまゆり荘・アリット(入間市博物館)で販売しています!

藍染ミニタオル
300円
草木染ミニタオル
250円
藍染Tシャツ
小1,900円
大2,900円
ハガキ3枚入り
100円
しおり
50円
ポチ袋
50円
ポプリ
100円
ハーブ入浴剤
100円
刺し子ふきん
300円
 
弁当袋
1,000円
巾着袋
1,000円