Skip to content
 

ファミサポ提供会員講習会を開催しました

ファミサポでは、地域の子育てを応援してくれる方を増やすため、5/15~30に提供会員講習会を開催しました。最初にファミサポの役割についてアドバイザーが説明しました。保育の心は保育所の所長先生ならではのお話。
手作りおもちゃの実習もありました。子どもの心と身体の発達は保健師さんのお話。久しぶりに赤ちゃん人形を抱っこして皆さんにっこり。安全な活動のために、子どもの成長発達段階を学びました。
障害についての理解と保護者への支援は、たくさんの演習を通して、最近増えている心の病について、精神保健福祉士さんから学びました。子どもの事故と安全では、講義とAED&心肺蘇生法を体験し、万が一の心構えができました。
白梅学園大学佐々名誉教授の預かること・預けること・預けられることは、三者の立場からファミサポを深く理解できました。子どもの栄養と食生活は、食の大切さについてグループで考えました。
最終日、今後の活動では全講座を振り返り、安全に活動するために必要なこと、実務的なことを学びました。体験談の発表もあり、これからの具体的な活動イメージがつかめたのではないでしょうか。
今回は、保育つきの講習会で、預ける体験もできました。全講座修了者には、修了証書が授与されました。「責任の重さを感じた」「地域の活動があったかくてほっこりできるんだなと思った」等の感想がありました。これから一緒に楽しく活動していきましょう!!