Skip to content

手話・要約

ようこそ意思疎通支援者事務所へ

意思疎通支援者派遣事務所とは

意思疎通支援者派遣事業は、聴覚に障がいがある方が公的機関・医療機関・各種事業等に行かれる際の意思疎通手段を確保するための手話通訳者または要約筆記者を派遣する制度です。手話通訳者・要約筆記者を派遣することによって、聴覚障害者等の福祉の向上に寄与することを目的としています。

平成25年の『障害者総合支援法』の施行に伴い、手話通訳者と要約筆記者の派遣事業は、法律上「意思疎通支援者派遣事業」となり、事業所名を「入間市意思疎通支援者派遣事務所」に変更しました。

手話通訳へ   youyaku_link

最新情報

 

01/04:小型ヒアリングループの貸出しが始まりました

ヒアリングループとは、講演会等で聞こえにくい方(難聴者)の聞こえを助けるものです。マイクの音だけを拾うので周囲の音にじゃまされることなく明瞭に聞くことができます。 これまで講演会の会場等で使用いただいていたものに加えて、・・・続き

12/01:令和3年度入間市要約筆記者認定試験について

令和3年度入間市要約筆記者認定試験の受付が始まりました。 詳しくはこちらをご覧ください。 ※受付は終了しました。