Skip to content
 

ファミサポ提供会員基本講習会のご報告

ファミサポの提供会員になるための講習会を5月~6月の土曜日4日間で開催しました。講座の様子を簡単にご報告いたします。

5月14日(土)最初の講座では『ファミサポの役割』についてアドバイザーより説明し、先輩提供会員さんの体験談も聞いて、この事業の必要性を理解していただきました。

午後は『子どもの心と体の発達』で、保健師さんから運動機能やこころの発達段階、基本的生活習慣の大切さや事故予防について教えていただきました。

5月28日(土)『保育の心と子どもの遊び』では、保育所の所長先生より子どもの理解や親とのコミュニケーション、遊びにおける大人の役割などを楽しく学びました。
午後は『子どもの栄養と食生活』。管理栄養士さんから今どきの子ども達の食生活やアレルギーについて、大事なポイントを教えていただき、問題点等意見を出し合いました。
6月11日(土)入間消防署の職員さんによる『普通救命講習Ⅲ(乳幼児)』では、前半座学、後半実技で心肺蘇生法やAEDの体験を行い、とても充実した講座となりました。
精神保健福祉士さんによる『障害についての理解と保護者への支援』。疑似体験を通して生活のしづらさを学び、考え方のくせ、ストレスの対処法等も教えていただきました。
6月25日(土)白梅学園大学佐々先生の『預かること・預けること・預けられること』。三者の立場からのお話でより理解を深め、室内の危険個所の点検も行いました。
最終講座『今後の活動について』では、これから始まるサポート活動の要点を説明し、修了証書が授与されました。これから一緒に楽しく活動していきましょう。どうぞよろしくお願いいたします。