Skip to content
 

心のバリアフリー研修 障害平等研修(DET)受講者募集!!

入間市社会福祉協議会では、第二次入間市地域福祉活動計画推進5か年計画(いるまちゃん計画」にて、「助け合う住民 支え合う地域 優しさあふれるまち」を基本理念として、さまざまな事業を推進しています。快適に暮らせる地域づくりを推進するために、バリアフリーの意識と環境づくりを住民のみなさんと一緒に考えていきます。

障害平等研修(DET)とは、障がい者当事者が進行役になって、参加者と一緒に対話をしながら、社会の中にある障がいについて、新たな発見・行動を変えるための研修です。

2020オリンピック・パラリンピックのボランティアの研修でもDET研修が行われました。現在、学校教育・企業・地域などさまざまなところで開催されてきています。障がいという課題を考えること通じて、最終的には言語や民族、LGBTなどさまざまな多様性もふまえた共生社会を考えます。

令和3年度は、いるま勝手にぱら・スポ応援部(市民団体と共催で開催いたします。

日時:令和4年1月22日(土) 午後1時~午後4時(受付開始午後12時30分~)

会場:入間市市民活動センター活動室1

内容:グループに分かれて、「障がいってなんだろう?」の質問から始まり、動画・イラストを使ってバリアをなくすための解決方法をみんなで考えます。(グループワーク)

講師:DET埼玉(代表 上野優一さん 入間市内在住車いすユーザー)

定員:先着20人

参加費:無料

申し込み:12月7日(火)~24日(金)までに地域福祉推進課まで(定員になり次第締め切ります。)手話通訳等の情報保障等の配慮が必要な方は、申込時にお知らせください。

※研修当日は、入室時の検温、手指消毒、マスクの着用をお願いします。社会状況により研修中止の場合もありますのでご了承ください。

講師の上野さんは、8月19日埼玉県での聖火リレーにて東京パラリンピック聖火ランナーとして、聖火をつなぎました。