Skip to content
 

新しい生活様式における熱中症予防について

令和2年度は新型コロナウイルス感染症を想定した『新しい生活様式』(①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いや3密を避ける等)を実践することが求められています。今夏は今までとは異なる生活環境下で迎えることになるため、例年以上に熱中症に気をつけなければなりません。医療機関に負荷がかからないよう、十分な感染予防を行いながら、さらに熱中症の予防を一層徹底する必要があります。必ずしも科学的な知見が十分に集積されているわけではありませんが、厚労省より熱中症予防のポイントが示されています。

屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

・マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどは乾いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。室内温度が高くなるので、エアコンの温度設定をこまめに調節しましょう。

・少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給してください。多くの汗をかいたときは塩分も補給しましょう。

・日頃の体温測定健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。(2020年5月)