Skip to content
 

令和元年度入間市福祉大会を開催しました!

 

さる8月4日、入間市市民会館において、入間市福祉大会が開催されました。オープニングセレモニーとして、入間わかくさ高等特別支援学校の皆さんによる合唱からスタートしました。

第一部は、多年にわたり地域福祉に貢献された方々51名(内団体2)を表彰させていただき、第二部は「音楽でつなぐ共にいきるまち💜いるま」として、音楽を通して入間で共に生き、共に豊かに高め合える地域づくり・地域共生社会について考えて行こう、をテーマとして、音楽会を行いました。今回は第二部の構成を3つに分け、パート1として入間市中央少年少女合唱団・irumaコール ラ☆ルーチェの皆さんの合唱、パート2では、入間市出身の作詞、作曲、編曲家であり、フォークデュオ「TANEBI」の杉山勝彦さんと同じく「TANEBI」のメンバーである上田和寛さんによる「TANEBIスペシャルステージ」でのトークとライブ、またパート3はてオール💛いるまで歌おう、と題して様々な障がいをお持ちの方々、外国人の方、公募で募集した方々がステージに上がり、TANEBIと一緒に杉山勝彦さんが制作した、「いるまのこどもへ贈る歌」である「どこから来たの」を手話を交えて皆で歌いました。会場の皆さんの一体感があり、本当に心が震えるほどの感動のステージでした。ご参加またご来場頂いた皆様大変有難うございました。来場者910名