Skip to content
 

麻しん風しんの予防接種を受けましょう!

麻しん(はしか)は、今年5月に沖縄県や愛知県で流行しました。麻しんはとても感染力が強く、マスクや手洗いでは防ぐことができません。麻しんにかかると、風邪のような症状と発疹が現れ、まれに肺炎、脳炎といった重い合併症を引き起こすことがあります。

風しんは、発疹や発熱、リンパ節の腫れなどの症状がでますが、感染力は麻しんほど強くはありません。春先や初夏に流行し、集団生活に入る頃の年代に多く見られます。発疹も熱も約3日で治るので「3日ばしか」とも呼ばれることがあります。

感染を防ぐただ一つの方法はワクチンの接種です。MRワクチンという麻しんと風しんの混合ワクチンを接種します。第1期は1歳のお子様、第2期は5~7歳未満で小学校入学前の1年間のお子様です。接種費用は入間市が負担します。対象者でなくなると、費用は自己負担(MRワクチンで1万円程度)になりますので、小学校入学前に予防接種が済んでいない方は、年度末までに受けましょう!!

詳しくは、入間市健康福祉センター地域保健課へお問合せ下さい。☎04-2966-5513(2018年9月)