Skip to content
に投稿されたエントリーのアーカイブ

緊急事態宣言の延長を踏まえた特例総合支援資金の再貸付について(最新情報)

令和3年11月末日まで、特例総合支援資金の再貸付の申込を受け付けます。このホームページ下段にある「特例総合支援資金の再貸付のご案内」をご確認いただいたうえで、「申込書」、「申込書(記入例)」、「借用書」、「借用書(記入例)」をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、入間市社会福祉協議会にお申し込みください。

なお、埼玉県で特例総合支援資金の貸付を受けられた方に、埼玉県社会福祉協議会から「特例総合支援資金の再貸付のご案内」、「申込書」、「借用書」を、順次郵送にて送付します。

なお、貸付には審査がありますので、審査結果によっては貸付できない場合があります。

1.対象

 以下①②両方の要件を満たす方

①令和3年11月末日までの間に、緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付が終了した世帯

②自立相談支援機関による支援を受ける方

2.再貸付の申込方法

 入間市社会福祉協議会へお申し込みください。

3.申込締切

 令和3年11月30日(火)当日消印有効

4.再貸付分の送金時期

 一刻も早く送金できるよう、迅速な手続きを行いますが、申込状況によっては送金までに相当な日数がかかります。何卒ご理解をお願いいたします。

 また、申込書の到着確認、審査状況、審査結果や送金予定日等、個別の状況のお問い合わせはお控えくださるようお願いします。

まずこちらをご覧ください➡「新型コロナウイルスの影響で収入が減少し生活に困窮する方へ」

■申込書、借用書

再貸付申込書

再貸付申込書(記入例)

再貸付借用書

再貸付借用書記入例

営業時間:平日午前8時30分 ~ 午後5時15分(土日祝を除く)

お問い合せ:入間市社会福祉協議会

      貸付資金担当)04-2963-1014

 

ボランティア関連の保険について<令和3年度の加入受付を開始しました>(2月16日現在)

★ボランティア活動保険(ボランティア活動をする方へ)

ボランティア活動保険は、ボランティア活動中にボランティア自身がケガをした(傷害事故)・他人へケガをさせてしまった、他人の物を壊してしまった(賠償事故)などの事故を広く補償するものです。ボランティア活動を希望または予定される方は加入されることをお勧めします。

<令和3年度 ボランティア活動保険 年間保険料>

保険の種類 保険料
基本プラン 350円
天災・地震補償プラン
(基本タイプ+地震・噴火・津波)
500円

※令和2年度から保険の種類、保険料の変更はありません。
※ご加入は、お1人につきいずれか1口となります。
※複数口加入の場合でも補償は1口のみとなります。

<加入申込人>
社会福祉協議会およびその構成員・会員ならびに社会福祉協議会が運営するボランティア・市民活動センターなどに登録されているボランティア、ボランティアグループ、団体

<被保険者>
ケガの補償:ボランティア個人
賠償責任の補償:ボランティア個人、ボランティア監督義務者、NPO法人
※対象とならないボランティア活動もございますのでご注意ください。

<補償期間(保険期間)>
令和3年4月1日午前0時から令和4年3月31日午後12時までの1年間
※4月1日以降の中途加入については、加入手続き完了した日の翌日午前0時から3月31日午後12時までとなります。

<補償内容>
・障害事故
ボランティアがボランティア活動中の急激かつ偶然な外来の事故によりケガをした場合
・賠償事故
ボランティアがボランティア活動中の偶然な事故により、他人の身体または他人の物を損壊させたことにより法律上の賠償責任を負った場合

※詳細は福祉保険サービスHPをご覧ください。

 

ボランティア行事用保険福祉サービス総合補償送迎サービス補償
の加入受付もおこなっております。

 

上記保険のお申し込みにつきましては、最寄りの社会福祉協議会まで。

 

【問い合わせ】入間市ボランティアセンター ☎04-2964-0486

 

入間市朗読ボランティアグループはづきが 「朗読録音奉仕グループ奨励賞」 を受賞されました!

第50回記念「朗読録音奉仕者感謝行事」(公益財団法人 鉄道弘済会、社会福祉法人 日本盲人福祉委員会主催)において、入間市朗読ボランティアグループはづきが、『朗読録音奉仕グループ奨励賞』を受賞されました。36年間にわたり市内の視覚障がい者の方へ、社協だよりや市の広報等の朗読・音訳活動をおこない、地域への貢献を高く評価されての受賞となりました。

はづきの皆さま、おめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年11月20日、市民活動センターでの授賞式にて!

令和2年度ふれあい・いきいきサロン推進事業助成説明会の開催中止のお知らせ

3月に予定していましたふれあい・いきいきサロン推進事業助成説明会につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催を中止することと致しました。尚、令和2年度に交付をうけている団体へは、3月上旬に資料を送付させていただきます。また、令和3年度より申請を予定・検討されている団体につきましては、個別にご相談を承りますので、下記までご連絡ください。ご理解・ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

【問い合わせ】地域福祉推進課 ☎04-2963-1014

 

バリアフリー映画会 中止のお知らせ

2月20日(土)に予定していました映画会は、緊急事態宣言も期間延長になり、新型コロナウイルス感染拡大が収まらない状況を踏まえ、ご来場の皆様、関係者の健康と安全面を第一に考慮した結果、中止することにいたしました。何卒ご理解・ご了承をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

心あたたまるおくりもの【いるま野農業協同組合様よりご寄贈頂きました】

令和3年2月5日、いるま野農業協同組合様よりセンサーにより体温測定とマスクの装着を確認する体温測定器を2台ご寄贈頂きました。ご寄贈頂いた体温測定器は市民活動センターに設置するとともに、入間市社会福祉協議会の事業にて活用させて頂く予定です。

いるま野農業協同組合の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年2月5日 入間市社会福祉協議会にて

いるま野農業協同組合 入間地域理事代表 中沢茂樹様(左)と入間市社会福祉協議会会長 松下庄一(右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いるま野農業協同組合様(左)と入間市社会福祉協議会(右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご寄贈頂いた体温測定器を市民活動センターに設置しました

子どもの人権問題オンライン研修会のお知らせ

入間市こども支援課より、市内在住・在勤・在学であればどなたでも受講できるオンライン研修会のお知らせです。

子どもの権利、体罰によらない子育てを学びたい方向けに、ご自宅でも受講可能なオンライン研修会を行います。新型コロナウイルスの流行により、なかなか外出できないおうち時間に、ぜひご受講ください。

《内容》子どもの人権問題オンライン研修会~考えてみよう子どもの権利、体罰によらない子育てのために~

《講師》子どもの虹情報研修センター センター長 川﨑 二三彦氏

《日時》令和3年2月22日(月)午前9時から3月19日(金)午後5時まで 申込者限定でYouTube動画配信

※動画視聴できる環境をご用意のうえ、申し込み後、上記期間内にご視聴ください。

《申込み》令和3年2月15日(月)までに、以下のリンクからお申込みください。

(市公式ホームページ)         http://www.city.iruma.saitama.jp/event/event_info/1012537.html

《問合せ》入間市こども支援部こども支援課 ☎04-2964-1111(代)

緊急事態宣言の延長を踏まえた総合支援資金の再貸付について

報道発表でありましたように、総合支援資金特例貸付の再貸付が行われることになりました。しかし具体的な提出書類や手続き方法については現在国で検討中ですので、詳細が決まりましたら改めて本会HP及び埼玉県社会福祉協議会HP等でお伝えいたします。今しばらくお待ちください。