Skip to content
に投稿されたエントリーのアーカイブ

提供会員研修会を行いました

   平成24年1月23日(月)に、ファミサポの提供会員研修会が行われました。寒さが厳しい中、多くの提供会員さん両方会員さんが参加してくれました。まずは、サポートにも役立つ手袋人形“パンダ”と読み聞かせ『ラブ・ユー・フォーエバー』の実演。そして、お雛様の折り紙をしました。このお雛様は、提供会員の柴田さんの提案で被災地の子ども達に届けることになりました。
 最初は皆さんで一緒に、時には隣の会員さんに教えてもらいながら、お話ししながら楽しく折りました。そして皆さんの温かい気持ちのこもったお雛様がたくさん折れました。『折り紙で一人でも多くの笑顔が見られるといいなーと思いながら折りました』『お雛様の折り紙を被災地へ送るという目的があったので、なお一層盛り上がったと思います』
  ブレイクタイムに続いて、先日厚生労働省から報告のあった、過去5年間全国のファミサポで活動中に起きた事故件数と概要について説明しました。事故の発生場所や事故事由、お子さんの年齢などを検証しました。当センターでは皆様のご協力により、日々安全にサポートを行っていただいておりますが、この報告をもとにさらに気を引き締めました。
  続いて女性労働協会の報告による全国のヒヤリ・ハット事例を用いて、「あなたなら、どうしますか?」ということで、事故の原因や対応策、予防策を一緒に考えました。参加者からは『お子さんを預かる時は気のゆるみやこれなら大丈夫だろうという思い込みはやめようと思う』『事例は身近でいつでも起こり得ることなので、今後の参考にしさらに自分自身注意したい』という感想がありました。今後も安全なサポート活動を心がけたいと思います。

ぽかぽか通信No.24を発行

ぽかぽか通信No.24を発行しました。

『ぽかぽか通信』について詳細やバックナンバーは、こちらをご覧ください。