Skip to content
カテゴリー 権利擁護 のアーカイブ

市民後見人養成講座〈基礎編〉受講者を募集します

 

入間市社会福祉協議会が担う法人後見事業の下で、市民後見人として活動していただける人材を養成します。

下記のとおり、受講者を募集します。ぜひ、ご応募ください。お待ちしております。

日程:令和3年8月24日(火)、9月2日(木)、7日(火)、13日(月)、22日(水)、29日(水) 全6日 

時間については日程表をご覧ください。 日程表

場所:入間市市民活動センター活動室1

対象:市内在住の20歳~70歳の方で、全日程を受講できる方

※ただし、基礎編、実践編(令和4年度実施予定)の両方を受講できる方

内容:●市民後見概論 ●対象者理解 ●成年後見制度の基礎 ●民法の基礎(家族法・財産法)

●関係制度・法律(介護保険制度・高齢者施策・障害者施策・成年後見を取りまく関係諸制度の基礎~生活保護制度・健康保険制度・年金制度~・税務申告制度 等)

●市民後見活動の実際

※新型コロナウイルス感染予防から座学中心の講座とします。なお、zoomによる受講も検討しています。 

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開催を中止または延期する場合があります。予めご了承ください。

定員:20人(定員を超える場合は、受講申込書に記載していただく動機により選考)

受講料:無料  ※ただし、テキスト代 6,930円は実費

募集期間:令和3年7月23日(金)まで                

受講申込書に必要事項をご記入のうえ、入間市社会福祉協議会までご提出ください。

受講申込書はこちら⇒受講申込書

申し込み・問い合わせ:地域福祉推進課 04-2963-1014

皆様のご応募お待ちしています。

緊急事態宣言の延長を踏まえた特例総合支援資金の再貸付について(最新情報)

令和3年8月末日まで、特例総合支援資金の再貸付の申込を受け付けます。このホームページ下段にある「特例総合支援資金の再貸付のご案内」をご確認いただいたうえで、「申込書」、「申込書(記入例)」、「借用書」、「借用書(記入例)」をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、入間市社会福祉協議会にお申し込みください。

なお、埼玉県で特例総合支援資金の貸付を受けられた方に、埼玉県社会福祉協議会から「特例総合支援資金の再貸付のご案内」、「申込書」、「借用書」を、順次郵送にて送付します。

なお、貸付には審査がありますので、審査結果によっては貸付できない場合があります。

1.対象

 以下①②両方の要件を満たす方

①令和3年8月末日までの間に、緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付が終了した世帯

②自立相談支援機関による支援を受ける方

2.再貸付の申込方法

 入間市社会福祉協議会へお申し込みください。

3.申込締切

 令和3年8月31日(火)当日消印有効

4.再貸付分の送金時期

 一刻も早く送金できるよう、迅速な手続きを行いますが、申込状況によっては送金までに相当な日数がかかります。何卒ご理解をお願いいたします。

 また、申込書の到着確認、審査状況、審査結果や送金予定日等、個別の状況のお問い合わせはお控えくださるようお願いします。

まずこちらをご覧ください➡「新型コロナウイルスの影響で収入が減少し生活に困窮する方へ」

■申込書、借用書

再貸付申込書

再貸付申込書(記入例)

再貸付借用書

再貸付借用書記入例

営業時間:平日午前8時30分 ~ 午後5時15分(土日祝を除く)

お問い合せ:入間市社会福祉協議会

      貸付資金担当)04-2963-1014

 

令和2年度7月9日 第一回 法人後見運営委員会が開催されました

今回は、法人後見を依頼される方が、4件ありました。

検討会の結果、4件の方の候補者となる意向が示されました。

受任件数 後見4名 保佐5名(R2.7.9現在)

2月4日 第五回法人後見運営委員会が開催されました

今回は法人後見への依頼はありませんでした。

一年間の振り返りと、法人後見を受けた方の経過報告を行いました。

現時点で、後見相当2名 保佐相当5名(R2.2.4)

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で、生活資金にお困りの方へ

お申込みを希望される方は、電話連絡のうえ、書類を作成し、原則郵送でお申し込みいただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等で、生活資金にお困りの方々に向けた緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を、3月25日(水)から実施しています。

●緊急小口資金

主に休業された方向け

■対象者 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

■貸付上限額 10万円以内 ※ただし、特に必要と認められる場合は、20万円以内

■据置期間 1年以内

■償還期限 2年以内

■貸付利子 無利子

●総合支援資金(生活支援費)

主に休業された方等向け

■対象者 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯

■貸付上限額 ・2人以上世帯 月20万円以内 

       ・単身世帯  月15万円以内

■貸付期間 原則3ヶ月以内

■据置期間 1年以内

■償還期限 10年以内

■貸付利子 無利子

◎貸付には審査があります。

なお、原則、感染予防の観点から、窓口での面談対応を行わず、電話・書類等での対応とさせていただいておりますので、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

●申し込みの際の留意事項

・特例貸付は、据置期間後に償還(返済)が伴います。

・今回の特例措置では、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができることとしています。

・新型コロナウイルス感染症に起因しない理由による借り入れ申し込みはできません。

・生活保護受給世帯や、従前から就業していない等収入の減少がない場合は、貸付の対象となりません。

・住民票を取得するには費用がかかるため、必要書類を揃える前に必ずご相談いただき、対象者であるかの確認をお願いいたします。

【お問合せ・郵送先】

〒358-0003

入間市豊岡4-2-2 入間市市民活動センター(愛称:イルミン)

社会福祉法人 入間市社会福祉協議会 生活福祉資金担当 

TEL:04-2963-1014

営業時間:平日午前8時30分 ~ 午後5時15分(土日祝を除く)

11月27日 市民後見人第4回フォローアップ研修会

与野市にあります 彩の国すこやかプラザにて埼玉県社会福祉協議会主催のの成年後見制度支援者研修会に参加をしました。「成年後見制度利用促進に向けた取組みについて」「認知症高齢者とのかかわり方と意思の尊重」について勉強をしました。

*フォローアップ研修の回数を重ねたことで、市民後見人さんたちの士気も下がることなく、また、市民後見人同士の交流が図れたことは大きな成果でした。

11月25日 第四回運営委員会が開催されました

今回は、法人後見の候補者依頼が5件ありました。

検討会の結果1件保留、4件については、候補者となることの同意が得られました。

現在の受任数は、後見が2名、保佐が2名裁判所から審判が下りております。

後見支援員の方達の支援が始まりました。

11月14日 市民後見人第3回フォローアップ研修会

今回は、入間市で、長い間後見人としてご活躍されている埼玉社会福祉士会 ぱあとなあ埼玉 つばさ社会福祉事務所 田中満江氏をお招きして、「市民後見活動における後見活動の基本を学ぶ」の講演をしていただきました。

1.成年後見人の職務と権限について 

2.本人と双方向のコミュニケーションを十分に

3.グループワーク

わかりやすく説明をしていただき、皆さんの質問にも答えて頂き充実した説明会となりました。

 

成年後見制度とサポート 公開講座

令和1年11月13日に東金子地区地域包括支援センター主催の公開講座を、東金子公民館にて、行いました。

雨の中20名近くの方にお集まりいただきありがとうございました。

 

10月8日 第三回運営委員会が開催されました

第二回運営委員会で受任を受けた方の経過報告を行いました。

今回は、入間市社協の法人後見受任依頼のお問い合わせを3件頂、第三回運営委員会検討会の結果、3件について、受任を受ける意向が示されました。