Skip to content
カテゴリー ファミリーサポート のアーカイブ

健康福祉センターまつりに参加しました

 ファミサポは、平成29年3月5日(日)に行われた健康福祉センターまつりに参加しましたファミサポアーチをくぐると、ラップの芯をつなげたいっぽんばしと、ペットボトルキャップの足つぼが待っています。子どもは平気ですが、パパやママは『痛っちょっとしたリフレッシュになりますね~反対側にはケンケンパも用意しましたが、これがなかなか難しいようでした
 毎年恒例の「巨大すごろく」。サイコロをふって出た目の数を進み、途中のゲームを楽しみながら、ゴールを目指します今年はパパの参加も多く、親子のふれあいの時間になりますね割りばしでっぽう・ぶっ飛びロケット・ペットボトルおこしなど、パパも一緒に挑戦すると・・・どうも本気になってしまうようですねぇ(笑)
 途中のゲームは、ファミサポの提供会員さんがお手伝い。日頃1対1のサポート活動をしてくれている提供会員さん達も、今日は大勢の子ども達とふれあえて楽しいですね『じょうずにできたねぇ』『すごい!すごい!』といっぱいほめてくれました嬉しくって、リピーターになる子も
 まだ「すごろく」がわからない小さい子も、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ・・・パパやママと楽しそう子ども達の笑顔を見ていると、心が和みますね自然にこちらも笑顔になりますフラフラした最後は、ボールプールにダイブ~みんな可愛いですね
 赤ちゃんスペースでは、抱っこひもからおろしてのびのびできます手作りの赤ちゃんおもちゃもあり、パパやママもほっと一息 さて、今年のお土産は、われないシャボン玉・アンパンマンウォッチ・折り紙のこま。クルクル上手に回せたかな?みんな提供会員さんの手作りです子育てで困ったり悩んだ時は、ファミサポを想い出してねファミサポがお手伝いしますよ

ファミサポ会員研修会の開催報告

「子ども・子育て支援新制度」がスタートしてから約2年が経過し、入間市でも様々な子育て支援が充実してきました。そこで、ファミサポ第3回会員研修会では、『いっしょに考えよう元気な子どもが育つまち』をテーマに、入間市の子育て支援の現状と、今後の方向性について学ぶ機会としました。
 平成29年2月27日(月)に開催した会員研修会には、3名のこども支援課職員さんにご参加いただきました。新制度スタート以降、市役所に子育ての総合窓口が設置され、現在は、子育て中の方が必要な支援やサービスを選択・利用できるように、情報提供や助言を行う利用者支援専門員さんがいて、気軽に相談できるようになりました。
 平成29年4月からは、妊娠期から切れ目のない支援を行うために、子育て世代包括支援センターを市内2か所に開設し、産前産後ヘルパー派遣事業や助産師による訪問ケア事業宿泊型産後ケア事業など新たな支援策もスタートするそうです。スピードアップで子育て支援策が進められていくようですね。
 後半は、ファミサポ会員との意見交換会。会員さんから『待機児童は西武地区に多く、入間の端なので、制度が行き届かないのでは?』『保育所から学童へ上がる時に、朝も夕方も時間が短くなり、親が困っているのを見かけることが多い。少し時間をのばすことはできないか』『病後児保育室の利用料の補助や、移送サービスなどを考えてもらえないか』など、とても熱心で活発な意見が出されました。
 子育て中の会員さんからは、『リスクを抱える家庭への援助の手は広がっているが、制度があっても使えない普通の家庭で困っていることが見えてないのでは?自分の理想の子育てが入間市でできるよう、普通の家庭でも利用できる援助がほしい』との意見も。『すべての子ども・すべての家庭を支援できるようにしていく。今後もこのように市民の意見がいただけたらいい』との応答がありました。
最後に、埼玉県で推進している養育里親についての説明があり、盛りだくさんな内容で時間が足りないくらいの充実した研修会となりました。

入間市が“元気な子どもの声がたくさん聞こえるまち”になるよう、新しい子育て支援策とともに、ファミサポの役割を考えながら、これからもあたたかい活動をしていきたいと思います。

 

ファミサポのステップアップ講習会開催報告

ファミサポでは、これからもより安心・安全なサポート活動を行うために、登録している提供会員・両方会員さんのステップアップ講習会を開催しました。平成29年2月26日(木)~31日(火)にわたり、保育士、小児科医、臨床心理士の先生方から楽しく4講座を学びました。
 『子どもの遊び』では、遊びの持つ意味や大人の役割について学び、楽しく関わるコツや手遊び・折り紙などを教えていただきました。<参加者の感想>遊び=生活であることを大切に思い、食べる・寝る・遊ぶの3つの基本を常に心がけていきたい。発達や興味によって、遊び方に変化や対応を考えて接するのが良いと思いました。
 ファミサポでは病児の預かりはしませんが、サポート中、子どもは急に体調が悪くなる可能性もあります。『子どもの病気と看護の基礎知識』では、安全・安心なサポートを行うために、病気や看護に対する基本的な知識を学びました。皆さんとても真剣に学び、積極的に質問していました。
 大人は治療で回復がゴール、子どもは成長と発達に大きく影響する事があり、適時に必要な対応が大切だとわかりました。いつもの状態をしっかりと把握して、少しでも異変があれば早く気付いてあげるようにしたい。冷静に対応するために、いろいろ症状や病気を知って良かった。小さい子のかかる病気を改めて認識しました。
 子どもの特性を正しく理解し、その子に合わせた適切な対応をすることは、障がいの有無に関わらず大切です。『配慮が必要な子どもへの関わり』では、児童発達支援事業の元気キッズのことや、子どもの見えにくい課題、関わる時のポイント、そして保護者への対応などについて学びました。
 配慮の必要な子どもは、困った子ではなく困っている子、という気持ちを忘れないでいたい。それぞれの個性だと受けとめられるようになれたらいいなと思います。保護者への対応で心がけることは、安心して居られる場所、時間の提供ができるようにすること。これからも子どもといい関係が作れるよう努力したい。
 『心の発達とその問題』では、子育てのコツを学ぶペアレント・トレーニングを楽しく体験しました。今日の講義を聞き、学んでみて、物の見方、考え方、行動の仕方が180度変化しました。ADHDの話は、全般的に普通に、子どもにも大人にも置きかえる事ができ、少し視点を変えるだけで、随分見方が変わると感じました。
25%ルールをいつも心において、多くの人々に接していきたい。叱る回数をほめる回数に変える。→人生かわる。→すごい事だと思いました。 「小さい頃叱りすぎたせいで、将来頑張れない人になってしまう。」この言葉は、子育てをする大人や先生が思っていれば…と考えさせられる言葉でした。 今年も熱心な感想がたくさん寄せられました。引き続き、安心・安全であたたかいサポートをよろしくお願いいたします。

ファミサポ提供会員講習会の報告

cimg1230 ファミサポ今年度第2回提供会員講習会を、11月25日~12月14日に開催しました。提供会員として活動する前に、大切なことを学んでもらう講座です。市内の保育所長、栄養士、保健師、精神保健福祉士など専門職の講義で、今どきの子育てや入間市の子育ての現状について学びました。
cimg1166-2 講義だけでなく、グループワークや救命実習など充実した内容で、自分の子育て・孫育てにも役立ち、また、自分自身の生活を見直すきっかけにもなりました。赤ちゃん人形を抱っこして、命の重さや責任の重さも感じますが、『勉強になります。』『毎回行くのが楽しみ。』との感想をいただきました。
cimg1306 白梅学園大学の佐々教授からは、提供会員としての心構えを学びました。『近年の育児模様は変わっても、ファミサポでは「生(生きる)」を支えること、安全に預かって安全にお返しすること、子どもと保護者の安心感が一番大切です。人のあたたかさや触れ合いも大事に、楽しみながら活動してください。』 楽しい講義で、あっという間の2時間でした。
cimg1394 先輩提供会員さんの体験談を聞いて、これからの活動のイメージもわきました。全講座修了者には、閉講式で修了証書と会員証が授与されました。1月開催のステップアップ講座を受講すると、厚労省推奨24時間講習になります。安心・安全な活動を心がけ、新しい出会いを楽しみに、これから入間の子育てを一緒に応援していきましょう!

ファミサポ会員研修会とお出かけサロンの報告

cimg0862 ファミサポ今年度2回目の会員研修会は、11月2日(水)に耐震工事中のイルミンを飛び出し、仏子にある文化創造アトリエ・アミーゴにお出かけして行われました。入間市には織物の文化があったこと、知ってましたか今回はそんな文化に触れながら、『スワッチ織体験』 に挑戦しました
cimg0838 講師は、アミーゴ織物工房の3名の先生にお願いしました。作り方は意外と簡単。厚紙に1㎝間隔で縦糸をはったものが用意されています。横糸は、毛糸や羊毛、端切れを細く裂いたものなど、自分のイメージに合わせて、色・柄・分量をチョイスし、縦糸に交互にくぐらせていきます。くぐらせたら、フォークで下へ整えます。何往復かしたら、次の糸にチェンジ
cimg0873-2 繰り返すとだんだん模様が見えてきます。可愛くピンク系にまとめる方、クリスマスカラーにする方、シックなイメージや暖色系など、会員さん一人一人の個性が出ていますね『ちょっと見せて~』途中、他のテーブルを偵察したり、楽しくおしゃべりしながら、作品を仕上げていきました
cimg0877 横糸が上まで埋まったら端の糸を切り、額に入れて完成作品を持ってハイ・チーズ今回は基本の作り方を学んだので、1時間ちょっとで仕上がりましたサポート中にもできるかな縦糸の間隔や、途中で色を変えるなど、複雑な技をマスターすると絵のように織れるそうです家に残っている毛糸や布端、また100円ショップを活用するとお家でもできますね
cimg0878 さて、今回は研修会に引き続き、ファミサポ♡サロンも行われました。いいお天気なら、アミーゴの芝生でお弁当を食べる予定でしたが、今日は急に気温が下がって寒いので、アミーゴのお部屋で食べることにしましたお昼から合流する方も来て、みんなでわいわい食べるおにぎりは、格別に美味しいね
cimg0897-2 お腹がいっぱいになったら、おでかけサロンへ出発アミーゴから入間川の遊歩道を歩いてお隣飯能市にあるあけぼの子どもの森公園までお散歩に出かけました幅広い年代の方が参加しているので、社協の局長と次長が激励に駆けつけてくれました『あら、お見送りなんて恥ずかしいわ』 『無事に、行ってきま~す』と、皆さん大喜び
cimg0894-2 途中、あちらこちらに寄り道するので、なかなか前に進みません『このどんぐりをつけたら、可愛いわよ』 『この枝、額縁に使えるんじゃない』と、午前中にアミーゴで見た作品の影響で、皆さんの創作意欲が膨らみます歩きながら入間の昔話を聞いたり、くるみの木を見つけて下に落ちたくるみを拾ったり、人と自然に触れ合うことができました
cimg0920-2 利用会員さん・両方会員さんのお子さんも参加しましたが、お昼寝はどこへやら・・・子ども達は元気いっぱいですねちょっと寒かったけど、やっぱり自然の中は気持ちがいいねムーミンのお家で有名な、あけぼの子どもの森公園に到着ムーミン谷を散策する方、お家の中を探検する方、おやつタイムにする方・・・自由に楽しみました
cimg0953 みんな揃って、ムーミンのお家をバックに記念写真再び遊歩道を歩いて目指すは元加治の円照寺全員元気に到着することができました『普段お話しする機会のない方と、歩きながらお話しできて楽しかったわ』 『初めて歩いたわまた桜の咲くころ歩いたら素敵だね』おでかけサロンでリフレッシュできました最後まで頑張った子どもたちに拍手

ファミサポ第2回提供会員講習会のお知らせ

いるまファミリー・サポート・センターは、お子さんの送迎や預かりなど 『ちょっと手が足りないなぁ…』という時に利用できる、地域の子育て支援です。この活動は、有償ボランティア(謝礼は1時間700円程度)で、センター主催の提供会員講習会を受講すると、どなたでも提供会員になれます。(資格は問いません。) ご自分のライフスタイルに合わせて、空いている時間に地域の子育てを応援しませんか?自分の子どもと一緒に、ご夫婦で一緒に活動でき、家族の会話や楽しみも増えますよ!男性の提供会員さんも活躍中です。子どもからパワーをもらい、笑顔いっぱい、元気に楽しい毎日を過ごしましょう!!

基本講習16時間を受講修了すると、提供会員に登録し活動ができます。(さらに安全に活動するために、ステップアップ講習8時間を受講すると、厚生労働省の推奨する24時間講習になります。)一度に全部受け終わらなくても大丈夫です。少しずつ始めてみませんか?お気軽にセンターへお電話でお問合せください。

<平成28年度  第2回提供会員講習会(基本講習)の日程・内容>

11月25日(金) 10時~11時30分 説明会・ファミサポの役割

12月  6日(火) 10時~12時 開講式・保育の心

12月  7日(水) 10時~12時 子どもの心と体の発達

12月  8日(木) 10時~12時 子どもの栄養と食生活

12月  9日(金) 10時~12時 子どもの事故と安全

12月12日(月) 10時~12時 預かること預けること預けられること

12月13日(火) 10時~12時 障害についての理解と保護者への支援

12月14日(水) 時30分~12時 今後の活動について・閉講式

<場 所> 中央公民館10号室・12月12日(月)のみ市役所入札室

<参加条件>入間市在住・20歳以上の心身ともに健康な方

<申込み> 11月22日(火)までにファミサポへ☎04-2964-2666

※次回の基本講習会は平成29年度になります。(時期は未定)

※ステップアップ講習は平成29年1月26日(木)、27日(金)、30日(月)、31日(火)10時~12時に開催します。年に1回の開催なので、日程調整をお願いします。

<問合せ>いるまファミリー・サポート・センター☎04-2964-2666

万燈まつりに参加しました

cimg0649-2 前日に雨が降りお天気が心配でしたが、10月29日(土)に、ファミサポは入間万燈まつりのFun-goマッシェ(子どもの遊び場)に参加しました 今年も巨大人間あみだくじを担当し、ファミサポの提供会員さんと一緒に、たくさんの親子連れの方とふれあいました
cimg0679 風がとっても強かったので、準備の時は段ボールのお家や風船が飛ばされるハプニングも起きましたが、おまつり開始までには何とか準備完了芝生の上に虎ロープで引かれた巨大なあみだくじの線の上を、途中の障害物を乗り越えたり、ゲームをしながら、ゴールを目指して歩いて行きます
cimg0664-2 あみだの途中では、ダンボールの階段をのぼったり、お家をくぐったり、風船ゲートや網をくぐるところもありました小さい子はパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に、小学生はお友達と違う位置からよーいドンでスタートしたり、いろんな楽しみ方がありましたね
cimg0746-2 空き缶つみやペットボトルけん玉、フラフープにもチャレンジダンボール箱積みとダンボールのキャタピラは初登場せっかく積み上げた箱が風にあおられバラバラに・・・『ざんね~ん 大人にはちょっと辛いけど、子どもには大人気のキャタピラ  『これ、おもしろい』と、キャタピラがやりたくて何度も遊びに来る子もいました
cimg0775-2 夜のファンタジーでは、ファミサポまつりでぬった塗り絵が並びました。夜も風が強くて、倒れてしまったペットボトル万燈も多く、せっかく見に来てくれたのに、残念だった人がいたかもしれませんね。ごめんなさい今年は市政施行50周年の記念花火もあがり、とても素敵な思い出ができました

『ちょこっと・ゆったり~の』を開催しました

cimg0508-2 平成28年10月26日(水)に二本木公民館において、入間市社会福祉協議会主催の『ちょこっと・ゆったり~の』が行われました。子育てで毎日忙しいママ達に、1時間の無料託児で「ちょこっとだけゆったりしてもらおう」と思い、初めて企画した子育てサロンです。当日は、10組の方が参加しました
cimg0522 託児は、ファミサポの提供会員さんに協力していただき、1対1で行いました。預ける前には、ママから子どもの様子や気をつけることを聞き取り、安心してお出かけしてもらえるようにしました子どもと離れた1時間、アウトレットでお茶するママもいれば、心配でたまらないママも・・・泣く子は少なく(想定外)、子ども達は元気に遊んでいました
cimg0604-2 1時間たった後は、託児中の子どもの様子をお伝えしながらのティータイム 感想『あっという間でしたが、気分転換できました』 『子どもを安心して預けられて、ちょっとホッとしました』 『子どもが他の人と触れ合っている姿が見れて、私もおしゃべりできて良かった』 『せめてあと30分あれば・・・』と本音もありましたが、ちょこっとリフレッシュできたかな
cimg0624 『もっとこの企画を開催してほしい』との声もありました。提供会員さんも楽しく参加してくれ、最後はみんなで集合写真を撮りましたファミサポのあたたかい提供会員さんと触れ合い、当日、利用会員の登録をした方もいました。これから、ファミサポを安心して利用していただけたら嬉しいです

 

ファミサポ会員研修会『大人のミニミニ運動会』報告

cimg0251 ファミサポ第1回会員研修会『大人のミニミニ運動会』が平成28年9月26日(月)に入間市民体育館の武道場で開催されましたラジオ体操第一で準備体操した後、赤白チームに分かれていよいよスタートまず、本物のおたまにボールをのせてのスプーンレース提供会員さんが一緒に走ってくれました赤組白組…どっちが勝ったかな
cimg0274 宅急便レースでは各自1個ずつ好きな空き箱を持ってスタンバイリレー方式で荷物を運びます。自分の箱を次の人に届け、前の人の箱と自分の箱を重ねて走るので、最後の人はたくさんの箱を運びますちびっこは小さい箱を持ってスタートしましたよ落っことさないように運べるかな
cimg0297 片足立ち耐久レースでは日頃の鍛錬が物を言う『靴下を脱いでやるわ』と素晴らしい体幹を見せてくれた提供会員さん子どもに足を持たれても抱きつかれても倒れないママもすごかった写真は5人の変装したところを探す間違い探しゲーム。これは認知症のテストではないのでご安心を見事にすべて正解した両チームお見事でした
cimg0302-2 小学生のいるご家庭ではご存知かも?今回は大人も一緒にチェッコリ玉入れです手作り感満載のかごを中央に置いていざ勝負結果は、赤組1勝・白組1勝と真剣勝負は引き分けでしたつづいて〇☓クイズドラえもん・アンパンマン・ファミサポクイズと勝ち抜きゲームでしたが…残念途中で全員がまさかの脱落こんなこともあるんですねぇ
cimg0343-2 研修会には、社協の実習生3人も参加しました。ジェスチャーゲームでは実習生の出す問題に悩む両チーム『メダルを取った瞬間の水谷選手』は見ものでしたよお楽しみの障害物&パン食い競争では、障害物を親子で乗り越え、おいしそうなパンをじっくり選んでパクリ大人もいい笑顔でゴールできました最後は逆転のチャンスゲーム牛乳パックの裏表をひっくり返して、多かった色のチームが勝ちです。赤組15枚、白組21枚で白の圧勝でしたさあ、逆転できたかな?
cimg0388-2 体を動かしたので、体操のお兄さんを中心に整理体操をしてから結果発表白組52点、赤組55点の僅差で赤組が勝ちました皆さん頑張ったので、全員にくす玉型の手作り金メダルを授与して、いい笑顔で記念撮影最高の笑顔が撮れました。感想『久しぶりの運動会で楽しかったです』いい汗かけたかな?
img_5549-2 オリンピックのメダルじゃないけど、かわいくガブリ素敵な笑顔ですね今回はお子さんの参加も多く、たくさんの笑顔がもらえました小さな子どもには提供会員さんの温かい視線がいつでも注がれているように感じました研修会には会員であればどなたでも参加できます。今回残念ながら参加できなかった会員さんは、次回(11月2日開催)ぜひご参加くださいね

 

楽しかったね!2016ファミサポ七夕まつり

CIMG2467 平成28年7月2日(土)ファミサポまつり2016が行われました手作りの大きな仙台風七夕飾りの前で全員集合スタッフは提供会員の皆さんです。今年もいっぱい楽しみましょうね CIMG2478-2
CIMG2492 今年のテーマは『七夕』。 本物の大きな笹飾りがお出迎え。入口ひろばでは、おり姫ひこ星に変身できるコーナーが大人気折り紙の七夕飾り作りぬりえあき缶つみゲームでも楽しめました CIMG2576-2
CIMG2586-2 3階の遊びのひろばでは、大きな新聞紙プールが登場ダイナミックな遊びが楽しめました子ども達は大興奮一時はお部屋の中がかすんで見えるほど想定外でビックリでした CIMG2688-2
CIMG2689-2 2つの新聞紙プールはダンボールトンネルでつながっています。提供会員さんに追いかけられてキャッキャと大はしゃぎ周りは線路になっていて、汽車ポッポで走り回る子ども達もいました。 CIMG2521-2
CIMG2632-2 イクジイと遊ぼうコーナーでは、やじろべえグランドゴルフわりばしでっぽうストラックアウトなど、日頃のサポート経験を活かして、男性の提供会員さんが大活躍でした CIMG2547
CIMG2681 工作のお部屋は大賑わい『どれにしようかな?』いろいろあって迷っちゃうね七夕リース風鈴うちわ毛糸のシュシュetc. 『ポンッ!』といい音がするポンちゃんは、簡単に作れて楽しいので夢中だね CIMG2646-2
CIMG2560-2 小さいお子さんもゆっくり遊べるように、赤ちゃんのお部屋もご用意抱っこひもやベビーカーからおろして、ボールプール手作りおもちゃで、のびのび遊びましょパパもママもほっと一息遊びのアイデアもゲットできますね CIMG2618-2
 CIMG2598-2 提供会員さんによるファミサポ♡ステージは、手遊び・手作りのパネルシアター『げんこつやまのたぬきさん』他・人形劇『すいかどろぼう』・かっぱ劇場と内容も盛りだくさんスタンプラリーで探すのもかっぱだったね(笑)  CIMG6014
 IMG_1257 2回目のかっぱ劇場を見た後は、体験の時間『やりたいお友達~』 『は~い』 元気に手をあげてくれた子ども達が、「かっぱ何様かっぱ様」の音楽に合わせて、かっぱの人形を上手に躍らせました  CIMG6026
 CIMG6029-2 続いて、アヤコ先生とみんなでダンスにんじゃのおにぎり』は、ファミサポまつり初登場です新聞紙の忍者頭巾をかぶって、元気にかっこよく踊りましたフィナーレは恒例の『エビカニクス IMG_1271
CIMG2735-2 みんなで体を動かして楽しかったね新聞紙バックには工作やお土産がたくさんもおうちで飾ってね今年も笑顔あふれる素敵なファミサポまつりになりました関わってくださった全ての皆様、どうもありがとうございました CIMG6047-2