Skip to content

手話通訳

手話通訳とは

聴覚に障害のある方たちは、意思伝達がなかなかうまくいかず、色々な手続きや病院での診察、会社の面談、ローン契約など内容を間違ってしまったり、話が分からないなど、社会生活での制限があります。

手話を使い生活している方の手話を音声の言葉に換え、聴覚に障害を持っていない人の音声の言葉を手話に換えることで、お互いの意思疎通を図ることができます。そのお互いの意思疎通の通訳をする者を『手話通訳者』と呼びます。

手話通訳のQ&A