Skip to content

扇台福祉作業所

扇台福祉作業所は、市内在住の心身障害者の地域生活を支える日中活動の場です。心身に障害があり雇用されるのが困難な障害者に働く場を確保し、職業訓練や生活指導を行っています。

基本理念

通所可能な就労能力の限られている心身障害者に、自活に必要な職業訓練、生活指導を行い社会的自立の助長を図ることを目的としています。

利用者一人ひとりの人権を尊重し、主体的な活動の援助を行います。

  1. 利用者個々の能力に応じた社会適応性と自立心を育成するよう援助します。
  2. 職業訓練を通じて、造る喜び、技術の習得、作業能力、責任感の向上が図れるよう援助します。
  3. 利用者が毎日安心して通えるような施設の環境作りに努めます。
  4. 利用者の自己選択、自己決定、自己実現を大切にしていきます。
  5. 体力の向上と健康管理が出来るような援助をしていきます。
  6. 家庭、関係機関との連携を大切にし、地域に開かれた施設を目指します。
  7. 施設職員として必要な知識の向上を図ります。

自主製品のご紹介

扇台福祉作業所では様々な自主製品を作っています。ハガキ・しおり・ポチ袋等の紙漉き製品、タオルやハンカチを藍や季節の草木で染めた染色製品、作業所で栽培したラベンダー・ローズマリー等を使って作る入浴剤やポプリ等のハーブ製品をボランティアさんの協力を得て、一生懸命作っています!その他にも刺し子製品、さをり製品等あります。利用者の心のこもった製品は地域の方から温かみがあると好評です!

染色製品  製品価格はこちら
さおり製品
紙漉き製品
ハーブ製品

【販売所】自主製品は扇台福祉作業所をはじめ、市役所内の福祉の店・アリット(入間市博物館)等で販売しています!