Skip to content
 

ファミサポ提供会員講習会が終わりました

CIMG9595 今年度第2回提供会員講習会が9月28日~10月21日にかけて行われました。今年度から講習時間数が増え、また今回は会場の関係から1日おきの開催となり少し長くかかりましたが、8日間の講習を最後まで頑張った9名の方が修了し、提供会員・両方会員として登録しました。
CIMG9644 ファミサポの提供会員として活動するために、ファミサポの制度や活動趣旨を理解していただく説明会から始まり、講習会では親子支援課保健師さんの『子どもの心と体の発達』、公立保育所の所長先生の『保育の心』など、子育て中の方々に現場で日々接している講師の先生方のお話はとても為になります。
CIMG9709 公立保育所の栄養士さんの『子どもの栄養と食生活』、障害福祉課の精神保健福祉士さんの『障害についての理解と保護者への支援』の講座は今年度からさらに講習内容が充実しました。講義だけでなく演習もたくさん取り入れていただき、楽しく受講できるような工夫がいっぱいです。
CIMG9825 グループワークでは受講者がお互いに意見交換する機会もたくさんありました。『問題点を考えてみましょう』 『こんな時はどうしますか?』  実際の活動にも活かせる内容です。受講者同士もたくさんお話しできて仲良くなれました。
CIMG9863 万が一の場合に備えて埼玉西部消防局入間消防署の職員さんによる『子どもの事故と安全』では、前半は家庭内の病気やケガへの対処法の講義、後半は心肺蘇生とAEDの実習を行いました。丁寧な講習に、積極的に質問する姿がみられました。この講座は今後も繰り返し受講することが大切ですね。
CIMG9912-2 白梅学園大学の佐々教授の『預かること・預けること・預けられること』では、 提供会員の立場、保護者の立場、子どもの立場の三者の立場からファミサポをわかりやすくお話しいただきました。また全員で室内の安全点検も体験し、思わぬ所に危険が隠れていることがわかりました。一番大切なことは『安全に預かって安全にお返しする』ことですね。
CIMG9927 最終日の『今後の活動について』では、ファミサポで活動する際の実務についての説明と先輩提供会員さんの体験談発表がありました。今回は東金子地区と豊岡地区のサブ・リーダーさんにお願いしました。今までに関わったサポート事例のお話しやサポート以外で会員が交流できるファミサポまつりについてのお話がありました。
CIMG9940 説明会から今後の活動まで全16時間を受講した方には、修了証書が授与されました。今回は保育つきの講習会だったので、預けたり預かったり両方の活動に参加できる両方会員として登録した方もいました。最後までお疲れさまでした。次は2月に開催されるステップアップ講習会への受講をお願いします。
CIMG9649-2 こども室では先輩提供会員さんが受講者のお子さんを安全に見守っていました。今回は男性提供会員さんも参加。子ども達も‘ファミサポのお父さん‘によくなついていました。自分の子どもを預ける体験は、きっとファミサポでの活動にも活かせますね!これからファミサポの仲間として、一緒に楽しく活動していきましょう。