Skip to content
 

ファミサポ第3回提供会員講習会が終わりました

CIMG0822 今年度最後の提供会員講習会の基本講習が1月22日(金)~2月2日(火)にかけて行われました。 『子どもの心と体の発達』では、親子支援課の堀内保健師さんにお願いしました。最近の子育て事情や子ども達の成長と発達の様子、また保護者への言葉のかけ方などいろいろな注意点も教えていただきました。
CIMG0860 『子どもの栄養と食生活』では藤沢保育所の山本栄養士さんに、最近の子ども達の食生活の様子や離乳食、幼児食のポイント、食物アレルギーの基礎知識等を教えていただきました。またグループワークでは食生活の問題点や自分たちがサポートできることなどを話し合いました。サポートでは、「一緒に楽しく食べること」を心がけましょう!
CIMG0867 『保育の心』前半は講義、後半はおもちゃ作りの実習をしました。高倉保育所の遠藤所長先生には、目の前にいる子どもとじっくり向き合いその子を知る努力をすること、また保護者とのコミュニケーションを大切にして信頼関係を築くために、言葉の配慮の大切さについて教えていただきました。
CIMG0893-2 後半は、「ジャンプガエル」「ビックリ飛び出すヘビ」「動くカメ」「おしゃべりカラス」など、牛乳パックやトイレットペーパーの芯など廃材で作れるおもちゃをたくさん教えていただきました。ジャンプガエルをたくさん作って箱に重ねて入れると・・・「びっくり箱」のできあがり!大人も楽しいですね。
CIMG0898 今回は1日を通しての講習会でした。午前の講習が終わって一緒にお昼を食べて、参加者同士とても仲良くなれました。午後の講座も一緒に頑張ろう!!
CIMG0933 障害福祉課の山川精神保健福祉士さんの『障害についての理解と保護者への支援』では、ストレスへの対処法や精神的疾患を抱える方への関わり方のポイント、怒りのコントロールなど、たくさんの演習を通して学ぶことができました。
CIMG0954 白梅学園大学佐々教授には『預かること・預けること・預けられること』と題して、子育て環境の変化をふまえて、提供会員・保護者・子ども三者の立場からファミサポについてわかりやすくご講義いただきました。基本は『安全に預かって、安全にお返しする』ことですね。
CIMG0987-2 『子どもの事故と安全』では、埼玉西部消防局入間消防署の職員さんから、家庭内で起こりやすい事故やけがについての知識を学び、万が一の場合に備えて心肺蘇生法とAEDの実習を行いました。 何よりも大切なことは、大人が事故を未然に防ぐことですね。
CIMG1017 『今後の活動について』では、実務につくときに必要なことを学び、先輩提供会員さんから体験談を聞きました。基本講習16時間すべて受講した方には修了証書が発行されました。ファミサポの活動は無理せずちょっと手を貸すことから始めましょう!皆さんどうぞよろしくお願いします。次回は5月下旬開催の予定です。