Skip to content
に投稿されたエントリーのアーカイブ

おわびと訂正

「はじめてみよう夏ボランティア体験inいるま2018情報パンフレット」の体験メニューの日時に変更がありました。

〇№33介護老人保健施設ゆりの木②の時間

変更前: 17:00~19:30

変更後: 12:00~14:00

〇№20特別養護老人ホーム 聖愛園①の活動日

変更前: 8月18日または8月25日

変更後: 8月25日(土)

また、体験メニュー№3車いすピカピカ隊の曜日に誤りがありましたのでお詫びして訂正いたします。

誤: 8月8日(金)

正: 8月8日(水)

みんなの手7月号を発行しました!

みんなの手は、ボランティア活動に関する身近な情報満載のボランティア情報誌です。毎月25日前後に発行しています。みんなの手は、市内の公共機関・郵便局ほか個人のお店などで手に入ります。掲載希望がありましたら、毎月10日までにボランティアセンターまで。

ブログの『カテゴリ』→『みんなの手(ボランティア情報誌』ですぐ見ることができるようになりました。 関心のあるボランティア活動がありましたらぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度「ホッと安心まちかど困りごと相談」(出張相談)のお知らせ

どこに相談したらいいんだろう?そんなお悩み、困りごとはありませんか?ゴミ屋敷、引きこもり、ニート、認知症、徘徊など、生活に関する福祉のお悩みやお困りごとについて、福祉困りごと何でも相談支援センター出張「ホッと安心まちかど困りごと相談」を実施します。専門の相談員が一緒に考え、解決に向けてサポート致します。秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

地区  実施日時  会場
豊岡第一 調整中
豊岡第二
調整中
黒須・高倉
6月12日(火)
13時~17時
黒須公民館
6月15日(金)
13時~17時
高倉公民館
東金子 調整中
金子
調整中
藤沢 調整中
東藤沢 調整中
宮寺・二本木 調整中
西武 7月30日(月)
13時~17時
西武公民館

<相談無料・予約不要・秘密は厳守します>

問い合わせ:福祉困りごと何でも相談支援センター
04-2964-2788(相談専用)

※地区名をクリックすると各地区のチラシをご覧頂けます。

7月のこども食堂のお知らせ

7月>こども食堂開催のお知らせ

入間市でも子どもたちの居場所や地域の交流の場所として、子ども食堂が開催されています。食事だけでなく、遊びや工作、学習支援、イベントなどを行っているところもありますので、子どもも大人も、お気軽にお越しください♪

<7月の開催予定>

食堂名 日時・会場 参加費・内容 主催者・連絡先
あいくる・
みんなの広場
7月3日(火)
16時~19時半

あいくる豊岡広場(豊岡1-8-39 サイオスパークビル1F)

大人200円
こども無料

軽食・遊び・宿題

NPO法人
子育て家庭支援センターあいくる
☎04-2966-2848
東町
にこにこ広場
7月8日(日)
10時~15時

東町公民館(東町3-1-35)

大人300円
こどもは100円かお手伝い

昼食・工作・勉強他

 東町にこにこ広場
☎090-2554-3490
むささび食堂 7月は
開催予定なし
   — 青少年活動センター
☎04-2962-1005
ハッピー
コミュニティ
食堂
7月19日(木)
17時~

東藤沢公民館(東藤沢3-19-19)

参加費:無料

夕食、イベント(落語等)

Happy Energyクラブ
📨:info@happy-energy.jp
憩いの家
子どもひろば
7/25~8/29の
毎週水曜日
14時~17時

新光老人憩いの家(野田1134-57 西武仏子ニュータウン内)

参加費:無料

軽食、遊び

憩いの家
子どもひろば
☎04-2932-3334

※各開催場所につきまして、上記連絡先へお問い合わせください。

<こども食堂ネットワークいるま>
事務局:入間市社会福祉協議会 ☎04-2963-1014

災害ボランティアセンター運営スタッフとして活動できる方大募集(災害ボランティア養成講習会受講者募集)

災害時に、ボランティア活動の拠点となる災害ボランティアセンターの運営スタッフとして活動できるよう、基礎知識と実践活動を学びます。(全2回)

日時

1日目:平成30年7月21日(土) 午前10時~午後3時

2日目:平成30年8月19日(日) 午前8時~午後1時

場所 入間市市民活動センター

内容 災害ボランティアの基礎知識、災害ボランティアセンターについて、災害ボランティアセンター運営訓練について他

対象 市内在住、在勤、在学18才以上で全日程の参加、受講後に災害ボランティアとして登録できる方。

定員 10名

申し込み 電話、FAX、Eメール、窓口にて地域福祉推進課まで。氏名、住所、連絡先(電話番号)をお伝えください。

募集期間 6月29日(金)まで

 

ファミサポ第1回会員研修会のご報告

ファミサポでは、年3回の会員研修会を行っています。6月8日(金)開催の第1回は、日々の片付けストレスを軽くして、子どもや家族と笑顔で暮らせるように、『幸せをよぶ整理収納術~毎日が笑顔~ハッピーになる暮らしづくり♪』と題して、片付けのコツを楽しく学びました
講師は、市内在住の整理収納アドバイザーひのさおり先生。穏やかで優しい雰囲気のひの先生は『片づけは宝探し!不用品には本当に感謝』とのこと暮らしが整う基本スリーステップ、快適収納の法則、片付けや掃除から生まれる効果など、楽しく教えていただきました
モノがあふれてすぐ散らかってしまう、探し物ばかりでイライラ…このテーマは、幅広い年代から興味関心が高かったようですね片付けが苦手な人は、ただ方法を知らないだけ。収納は使わないモノを置いておく場所ではなく、使うモノを使いやすく収める場所と、意識を変えましょう
まずは整理から整理とは自分の心と向き合うことだそうで、モノを捨てるのではなく、必要なモノを選ぶこと!演習で、数種類の色や形のカードを分類してもらうと、人によって分類の仕方は様々でした。収納方法も十人十色。『いつか使う!のいつかは来ない子どものモノであっても勝手に捨てず、家族の意見を聞き歩み寄りましょう。
モノの量が決まったら、定位置を決めます。収納場所に対して8割を心がけ、リバウンドしないために2割はモノの通り道にするといいそうです目線から腰高のゴールデンゾーンは一番使いやすいので、良く使うモノを収納し、一緒に使うモノはセットしておくグルーピング収納がおすすめ
利用会員さんの参加も多く、お子さんは別室で提供会員さんが安全に見守りました親が怒ると片づけが嫌なことになってしまうので、『お片付けってなんか楽しいし、片付けると気持ちいい~♪』と、子どもが自ら片付けしたくなる「しかけ」と「しくみ」そして上手な「声かけ」も学びました片付け力は自立力を育む、一生涯の宝物♪
幸運な家はまず玄関から!10円玉の手作り消臭グッズも紹介してくれました。収納用品を買うのは最後!モノが減ったら、収納グッズが余ることも…当日、お伝えできなかった節約便利収納グッズの使い方は、ひの先生のブログに掲載してくれましたので、そちらも参考にしてくださいね
クローゼットは洋服の墓場ではなく、幸福=(幸服)が詰まったクローゼットにしましょう楽しみながら片付けることで、運気アップ片付くと心に余裕が生まれ、脳が活性化され、身体も元気になりますよ秘訣は一つ!ただ始めること!今日の講座を参考に、心地よい空間やモノに囲まれて、毎日をラクに楽しく笑顔で暮らしましょ

お詫びと訂正

6月1日発行のいるま社協だより№186の6ページに誤りがありましたのでお詫びして訂正いたします。

夏ボランティア体験 参加方法③事前説明会の日程

誤: 6月25日(火)
正: 6月26日(火)

6月16日 地域公開ふれあいデー

入間市扇台福祉作業所では、年に一度、作業所の活動を地域のみなさまに知っていただく機会として地域公開「ふれあいデー」を開催しております。ぜひお出かけください。

時間:午前10時~午後1時(受付時間は12時30分まで)

作業見学:受注作業(下請け作業)・空き缶つぶし

展示:刺し子・さおり作業など

★クッキー・さをり・刺し子・入浴剤などの手作り製品を販売します。

★保護者による喫茶コーナー(有料)もあります。

★駐車場内のテントにて、焼きそば・から揚げ・赤飯・バザー品等を販売する予定です。

30ふれあいデーチラシ・ポスター

30ふれあいデー会場図

こども食堂ネットワークいるまからのお知らせ

こども食堂ネットワークいるまからのお知らせ

入間市でも子どもたちの居場所や地域の交流の場所として、子ども食堂が開催されています。食事だけでなく、遊びや工作、学習支援、イベントなどを行っているところもありますので、子どもも大人も、お気軽にお越しください♪

<入間市で開催されているこども食堂>

平成30年 ・・・ 6月7月8月

 

<こども食堂関連イベントのご案内>

「子ども食堂・フードバンクのことを学ぶ会」(6/24開催)

 

ファミサポ提供会員講習会を開催しました

ファミサポでは、地域の子育てを応援してくれる方を増やすため、5/15~30に提供会員講習会を開催しました。最初にファミサポの役割についてアドバイザーが説明しました。保育の心は保育所の所長先生ならではのお話。
手作りおもちゃの実習もありました。子どもの心と身体の発達は保健師さんのお話。久しぶりに赤ちゃん人形を抱っこして皆さんにっこり。安全な活動のために、子どもの成長発達段階を学びました。
障害についての理解と保護者への支援は、たくさんの演習を通して、最近増えている心の病について、精神保健福祉士さんから学びました。子どもの事故と安全では、講義とAED&心肺蘇生法を体験し、万が一の心構えができました。
白梅学園大学佐々名誉教授の預かること・預けること・預けられることは、三者の立場からファミサポを深く理解できました。子どもの栄養と食生活は、食の大切さについてグループで考えました。
最終日、今後の活動では全講座を振り返り、安全に活動するために必要なこと、実務的なことを学びました。体験談の発表もあり、これからの具体的な活動イメージがつかめたのではないでしょうか。
今回は、保育つきの講習会で、預ける体験もできました。全講座修了者には、修了証書が授与されました。「責任の重さを感じた」「地域の活動があったかくてほっこりできるんだなと思った」等の感想がありました。これから一緒に楽しく活動していきましょう!!