Skip to content
に投稿されたエントリーのアーカイブ

平成26年度赤い羽根共同募金運動が始まりました。

今年も10月1日から赤い羽根共同募金運動がはじまりました。
今年で67回目を迎える赤い羽根共同募金は、町のやさしい気持ちを集める活動です。
共同募金は次の方法で協力をお願いしています。
みなさまのご協力をお願いいたします。
① 個別募金 (区・自治会の協力で各世帯にお願いします。)
② 街頭募金 (駅で、商店で、運動会でみなさまにお願いします。)
③ 学校募金 (学校でご協力をお願いしています。)
④ 職域募金 (職場でご協力をいただきます。)
⑤ 個人大口募金 (直接 入間市支会に募金をお持ちいただいています。)
※ 10月10日より500円以上寄付いただいた方に初音ミクのファイルやピンバッチ、戦国BASARA4のファイルをプレゼントしています。(品物が無くなりしだい終了します。)

みんなの手10月号を発行しました!

みんなの手は、ボランティア活動に関する身近な情報満載のボランティア情報誌です。毎月25日前後に発行しています。みんなの手は、市内の公共機関・郵便局ほか個人のお店などで手に入ります。掲載希望がありましたら、毎月10日までにボランティアセンターまで。
ブログの『カテゴリ』→『みんなの手(ボランティア情報誌』ですぐ見ることができるようになりました。
関心のあるボランティア活動がありましたらぜひお問い合わせください。
みんなの手No.137.pdf

2610はじめてみようボランティア活動.pdf

 

乳幼児の歯磨き中の事故に注意!

東京都内で、歯磨き中に走り回るなどして転倒し、歯ブラシでのどや頬の内側を突いて救急搬送された5歳以下の乳幼児は、2010~14年の5年間で計207人に上ることが東京消防庁のまとめで分かった。年齢別では1歳児が97人、2歳児が61人で全体の約76%を占め、入院が必要な中等症以上と診断されたのは全体の15%、生命の危険があると診断される事故もあった。

事故の原因別では、歯磨き中に「歩いたり、走ったりして転倒」が最も多く、次いで「人や物とぶつかる」「踏み台から転落」などが続いた。

国立成育医療研究センターの守本医長(小児耳鼻咽喉科)は「口の中は脳にとても近い場所で、大事な血管もたくさんある。歯ブラシが刺されば大きなけがに発展し、最悪の場合は死に至る危険性もある」と指摘。「乳幼児が歯磨きをするときは落ち着いた所に座らせ、そばで目を離さないという基本を守ってほしい」と話している。(2015年9月)

ファミサポ第2回提供会員講習会のお知らせ

いるまファミリー・サポート・センターでは、子育てに協力してくださる方を大募集します。自分の空いている時間に、ちょっとした子育てのお手伝いをしてみませんか?(ファミサポは有償ボランティア活動です。)当センター主催の講習会を受講すれば、どなたでも登録することができます。無料の託児を利用して、お子さんのいる方も両方会員になれます。ご夫婦や親子で、またお友達と一緒に受講してもOKです!お電話お待ちしています。

日時 : 10月14日(火)・15日(水)・17日(金)・20日(月)・21日(火)・22日(水) 時間はいずれも午前10時~正午

※10月7日(火)午前10~11時に事前説明会がありますのでご参加ください。

場所 : 市民活動センター(イルミン)3階 ・ 託児は2階子ども室

内容 : 「保育の心」・「子どもの事故と安全」・「子どもの心と体の発達」「預かること・預けること・預けられること」・「子どもの食事・障害についての理解」・「今後の活動について」 全6講座

参加費 : 無料

申込み : 10月6日(月)までに(託児は10月2日(木)までに)、電話または直接ファミサポへ ☎2964-2666  (8:30~17:15対応)

 

傾聴ボランティア養成講習会 受講者募集!※募集を終了しました

福祉施設や在宅において必要とされている傾聴ボランティアの基礎知識及び技術を学び、傾聴ボランティアの活動に参加してみませんか。

●日時
11月17日(月)午前10時~12時、午後1時~3時
11月18日(火)午前10時~12時、午後1時~3時
11月19日(水)午前10時~12時、午後1時~4時
12月 5日(金)午前10時~12時
<全4回>

※講座終了後、市内福祉施設にてボランティア体験(1~2回程度)
を予定しています。

●場所 市民活動センター(イルミン内)活動室1

●対象 市内在住、在勤、在学の18才以上で、傾聴ボランティアとして
地域の活動に参加できる初心者の方(全日程、ボランティア活動
に出席・参加できること。)

●定員 48人 (定員を超えた場合は抽選となります。)

●参加費 3,300円
(資料代、ボランティア活動保険料<Aプラン>)

●申込締切 10月24日(金)<必着>

平成26年度傾聴ボランティア養成講習会チラシ

傾聴ボランティア養成講習会の様子

ボランティア入門講座 受講者募集! ※募集を終了しました

ボランティア活動をしたい、ボランティアについて知りたい、そんな方へボランティアの活動紹介、個別相談をおこないます。ボランティアで人生を豊かにしませんか。

日時 10月11日(土)10:00~11:30

場所 市民活動センター

対象 入間市在住・在勤・在学で、ボランティアに興味・関心がある方

内容 ボランティアとは、ボランティア活動者からのお話、
市内のボランティア活動の紹介、車いすについて学ぼう、
ボランティア活動相談 ほか

定員 先着20人

申し込み 10月10日(金)までにFAX、Eメールまたは電話により
ボランティアセンターまで。
℡2964-0486、FAX2963-1072
Eメールアドレスiruma_vc@atlas.plala.or.jp

「平成26年8月京都府豪雨災害義援金」の募集について

台風により京都府内で被災された方を支援するため、下記のとおり義援金の募集が始まっています。

みなさまのご協力をお願いいたします。

「平成26年8月京都府豪雨災害」義援金募集要項

社会福祉法人 京都府共同募金会

1 趣 旨
平成26年台風11号による豪雨及び平成26年 8月 15日からの豪雨により被災された方への援護の一助 として、 京都府共同募金会(以下「本会」という)は、 京都府内の 被災され た方々を支援することを目的に義援金の募集を実施します。
2 義援金の名称
平成26年8月京都府豪雨災害義援金
3 受付期間
平成26年8月25日(月)から平成26年10月31日(金)まで
4 義援金受入れ口座
金融機関   京都銀行
支店名          府庁前
口座番号   普通預金 4148917

口座名義  社会福祉法人 京都府共同募金会
※京都銀行から振込の場合は、備考欄に「 平成26年8月京都府豪雨災害」とご記入ください。
※京都銀行本店・支店間の窓口からの振込・ATM及びインターネットバンキングでの振込 については、手数料は無料。
なお、義援物資の取扱はいたしておりません。
5 現金書留による義援金の送金について
(宛先)〒 604-0874
京都市中京区竹屋町 通烏丸東入清水町375番地
社会福祉法人 京都府共同募金会
※宛名のところに「救助用」と明記の上、送金ください。
6 義援金の配分
義援金については、「京都府災害義援金募集・配分委員会」で取りまとめを行い、配分基準に基づき 被災 地の各市町村を通じて、 被災者に配分する予定です。

7領収書の発行
寄付者が義援金について税制上の優遇措置(所得税、法人税)を希望される場合は、別紙「領収書希望者名簿」に必要事項を記入のうえ本会へ送付してください。
後日、本会より領収書を発行いたします。
※ 平成26年8月22日

「平成26年広島県大雨災害義援金」の募集について

大雨により大規模災害があった広島県で義援金の受付が下記のとおり始まっています。

みなさまの温かいご協力をお願いいたします。

平成 26年広島県大雨災害義援金募集要綱
社会 福祉法人広島県共同募金会
広島県では8月19日から の大雨により、広島市安佐南区及び安佐北区において大規模な土砂災害 が発生し、死者及び行方不明者の多くの犠牲者が出ています。また、家屋の損壊も多数発生したため、広島市に災害救助法が適用されました。
広島県共同募金会では被災者支援のため、次のとおり義援金を受け付けます。
1 義援金名  平成26年広島県大雨災害 義援金
2 募集期間  平成26年8月22日(金)から 同年26年12月26日(金)まで
3 受付 方法
(1)口座振込み (口座振込手数料は免除となります。)
金 融 機 関   広島銀行  三川町支店
口 座 番 号   普 通   0620947
口 座 名 義   社会福祉法人 広島県共同募金会

※広島銀行本支店間に限り 、手数料が無料となります。
※窓口にて「広島県大雨災害義援金」である旨,お申し出ください。
※ゆうちょ 銀行での取り扱いについても、別途追加する予定です。
なお、救援物資の取り扱いはいたしておりません。
(2)現金書留 について
現金書留については、別途追加する予定です。
(3)現金持参
広島県共同募金会及び県内各市町共同委員会で受け付ます。
4 義援金の取扱い
広島県、広島県共同募金会、日本赤十字社広島県支部、NHK広島県放送局及びNHK厚生文化事業団による 義援金配分委員会を通じて、 被災者へ配分 いたします。
5 領収書の発行
寄付者が義援金について税制上の優遇措置(所得税、法人税)を希望される場合は、別紙「領収書希望者名簿」に必要事項を記入のうえ本会へ送付してください。
後日、本会より領収書を発行いたします。
※ 平成26年8月22日