Skip to content
に投稿されたエントリーのアーカイブ

ファミサポ会員研修会『簡単ゆびあみマフラー作り』

CIMG1942  今年度第3回の会員研修会は寒~い季節に合わせて『簡単ゆびあみマフラー作り』と、皆さんに用意してきてもらった日頃の子育てやサポート活動などの『とっておきのはなし』の情報交換をしましたお部屋に入りきれないほどたくさんの参加があり、嬉しい悲鳴でした
CIMG1960  最初に各自用意してきた『とっておきのはなし』を付箋に書いてテーブルに貼り付けます。サブ・リーダーの八巻さんにゆびあみのやり方を説明してもらい、各自スタート『あら、わからなくなっちゃった』 『こうすればいいのよ…』お隣さん同士教え合いながらモコモコの毛糸と格闘中
CIMG1962  指が慣れてきたところで、情報交換もスタート付箋のメモを見ながら、子どもの悩み、家族や孫のこと、近況報告、楽しい話、切ない話、お得な情報、そしてファミサポの話など、いろんな『とっておきのはなし』がありましたまた、早く完成した方には、残りの毛糸を使って髪につける簡単シュシュの作り方も教えました。
CIMG1969  コーヒーブレイクをはさんで、各テーブルごとに盛り上がった話題を発表し、できあがったマフラーやシュシュをつけて記念撮影参加者の感想をご紹介します。『100円ショップの毛糸で、道具も使わず簡単で、短時間に完成できた!サポート中にもできそうで良かったです』 『モコモコの毛糸が暖かく、気持ちもぽかぽか、皆の笑顔もポカポカでとてもいい雰囲気の時間でした』
CIMG1971  久しぶりに参加した会員さんから『今は家族の介護があってファミサポの活動はできないのですが、本当に久々に参加してみたら、昔研修会で会ったことのある人に再会できて嬉しかった。ファミサポとはずっとつながっていたい。』とお声をかけていただきました。ファミサポの会員さん達は、いつでも誰でもあたたかくお迎えしてくれますよ皆さんも研修会に参加しませんか?

ファミサポの提供会員さんが増えました

   平成25年1月30日~2月4日に今年度3回目の提供会員講習会が行われました。最近の子育て事情や地域での子育て支援の必要性について、保育所の所長先生や栄養士さん、保健師さん、白梅学園大学の佐々先生などにお話ししていただきました。
   参加者は20代の若い方から70代の元気いっぱいの方まで、世代をこえて3日間一緒に楽しく学びました講義を聞くだけでなく、おもちゃ作りをしたり、演習に参加したりと盛りだくさんの内容でした
    『こんなケースに遭遇した時、あなたならどう考えますか?』サポートの事例を想像しながら参加者同士で話します。活発に意見交換が行われ、寒い時期にも関わらず皆さんの温かいお気持ちがたくさん伝わってきました
   「安全に預かって安全にお返しする」ために、家の中の危険や対処方法を講義と実習で学びました。赤ちゃんの視点をもって事故を未然に防ぐことが大切ですが、万が一の時に備えて心肺蘇生や誤飲の対処法も学びました
   室内の安全点検も体験。実際に動いてみると、意外に危険がいっぱい常に意識をもってサポート前に準備することが大切ですね。今回は10名の提供会員さんが修了しました。どんな親子さんに会えるかな?これからどうぞよろしくお願いします