Skip to content
カテゴリー ファミリーサポート のアーカイブ

ファミサポ会員研修会(救命講習)の報告

ファミサポでは、厚生労働省の通知を受け、さらなる安心・安全な活動のために、平成29年9月22日(金)に『乳児・幼児・小児の救命講習~もしものとき。そのために~』を開催しました
今回は、保育つきの会員研修会として、子育て中の利用会員さんも受講できるようにしました(写真は保育の様子です埼玉西部消防局入間消防署の救急救命士による3時間の普通救命講習Ⅲを、アドバイザーも一緒に受講しました。
私たちは、いつ、どこで、突然の病気やけがにおそわれるかわかりませんまずはスライドを見ながら、市民による一時救命処置(心肺蘇生とAED)の必要性を学びました。続いて実習です。子どもを預かるうえでは、特に誤飲による窒息が心配です。
  誤飲事故を防ぐには、手の届くところに口に入る大きさのものは置かない、歩いたり寝転がったりしながら食べさせないなど、大人の責任で事故を防ぐことが大切です背部叩打法腹部突き上げ法など、もしもの時の異物除去法の実習をしました
  すぐに除去できない時は、119番通報と心肺蘇生を開始します。赤ちゃん人形での胸骨圧迫の実習はドキドキしますねその後、小児の人形で人工呼吸AEDの実習をしました。参加者の感想『小さな子ども達への救命を細かく教えていただき、ためになりました。』
 『以前の講習から時間がたっていたので、改めて確認できて良かった。』『実際の場面にあったら不安ですが、繰り返し受講する事が大切だと実感しました。』もしものとき、その場に居合わせたら・・・少しでも落ち着いて対処できるよう、今後も繰り返しの受講をお願いします

ちょこっと・ゆったり~の(金子)開催の報告

平成29年9月20日(水)に、金子公民館において、社協主催の『ちょこっと・ゆったり~の』を開催しました1時間の無料託児付の子育てサロンで、託児はファミサポの提供会員さんにご協力いただきました
 今回は、生後2か月から2歳半くらいの子育て中のママが参加してくれました。『こんな小さな赤ちゃん、19年ぶりに抱っこしたわ~』と、提供会員さんも嬉しそうママはそばで、提供会員さんとたくさんおしゃべり
 託児前にはお子さんの様子をしっかり聞き取るので安心初めての預ける練習にもなりますねママ達はお家に帰ってお掃除したり、図書館でゆっくり本を読んだり、1時間だけどゆったりした時間を過ごしました
男性会員さんの読み聞かせもバッチリ公民館の子育てサークルさんに声をかけたら、たくさん遊びに来てくれました。『色々な取り組みをされていることを今日知り、機会があれば利用したいと思った。』との感想もいただきました
社協の実習生(大学生)も赤ちゃんを抱っこさせてもらう体験ができました最後はみんなでハイチーズ『たくさん抱っこしてもらえて嬉しかったし、私もリフレッシュできました。』お土産のお月見のリース、お家で飾ってね

 

ファミサポ♡サロンを開催しました

平成29年9月4日(月)に、ファミサポ♡サロンを開催しました。報告書の提出がてら、気軽に寄っていただけるサロンですが、今回は午後の時間帯に開催してみました。初めて参加の方もいて、楽しく交流できました
今回は、運営協力員さんから『作り方教えて~』という声が多かった折り紙にしました今年7月に行われたファミサポまつりの時、子ども達のお土産にしたかわいい折り紙の浴衣娘を一緒に作りました 一回だけでは覚えられずたくさん折ることに・・・
おまつりの時は、子ども向けに可愛い柄やカラフルな折り紙で作りましたが、今回は大人向けのシックな浴衣娘になりました折り紙の組み合わせ方で、かなり印象が変わりますね~本のしおりにしたり、メッセージをしのばせたり…サポートの時に子どもと一緒に折っても楽しいですね
さて次回のファミサポ♡サロンは、11月8日(水)10時から『いのちを守る防災』のミニ講座です。埼玉県防災士会の岡崎さんから、身近な防災のお話を聞いて、防災の意識を高めましょう。お子さん連れの参加もOK子育て中の方にも参考になります講座の後はいつもの情報交換ですぜひご参加をお待ちしております

 

第2回『ちょこっと・ゆったり~の』開催のお知らせ

子育て中で慌ただしい毎日、子どもをちょこっと(1時間)預けて、リフレッシュしませんか?ファミサポの提供会員が、お子さんを無料で見守りますので、預けている1時間は安心してお出かけください。後半のお茶のみサロンでは、ママ同士や提供会員さんと楽しくおしゃべりしましょう。(この事業は、社会福祉協議会の地域福祉活動推進5か年事業の1つです。)

日時:平成29年9月20日(水)午前9時45分~11時30分

場所:金子公民館 和室

対象:市内で子育て中の方ならどなたでも(先着10組・兄弟姉妹も可)

申込み:9月5日(水)9時からファミサポへ電話 ☎04-2964-2666

参加費:無料

  

※預かる前に、しっかりお子さんの様子を聞き取りますので安心です。初めてお子さんを預ける体験にもなります。

※預けている間は、外出(買い物、片付け、お昼寝、読書など)できますが、その場にいてもOKです。

※お子さんのおむつ・おしりふき・着替え・飲み物をご持参ください。

※預けている間にファミサポの利用会員登録もできます。お子さんの母子手帳・健康保険証・印鑑をご持参ください。

楽しかったね!ファミサポまつり2017のご報告

7月8日(土)にファミサポまつりが行われました。今年のテーマは夏まつり入口に飾られた祭り提灯が、おまつりムードを盛り上げます1日皆で楽しみましょう
受付で名札新聞バッグシールラリーのカードをもらってGO今年の入口ひろばは、魚つり空き缶やダンボールつみ風船ゲームもぐらたたきなど遊びがいっぱい
3階のおまつり広場では、遊びの屋台が並んでいます。どれから遊ぼうかな折り紙の金魚つりペットボトルおこし、お店番は日頃サポートしている提供会員さん達です
トイレットペーパーの芯を的にした射的、ビニール袋二重構造の手作りヨーヨー。キラキラテープ入りのアイデアがgood上手につれるかな?どれも身近にある材料なので、お家でも作れるね
くじやさんは、ほっぺたを触り合ったり、ギュッと抱きついたり、親子のふれあい遊びのくじおめんやさんは、わなげをして、輪が入った的についているキャラクターのおめんがゲットできます
今年、大人気のじぃじとあそぼうのコーナー。手作りの木のおもちゃストラックアウトゴルフもぐらたたきで男性提供会員さんと触れ合えました優しいじぃじ達が大活躍でした
今年の工作は、親子で楽しめるように、簡単な物から、ちょっと難しいキャップのぼうしヘアアクセサリーまで種類豊富にご用意パンダのうちわは大人気かわいいオリジナルうちわが完成
ひまわりのバトン、プーさんとアンパンマンのパクパク、遊べるおもちゃぶっ飛びロケットぽんちゃん折り紙、ペットボトル万燈のぬりえと、お部屋はいつも満員御礼
ベビーのお部屋では、赤ちゃんがのびのびできますボールプール手作りおもちゃで赤ちゃんもご機嫌パパやママも少しのんびりしましょ今年はガラガラ牛乳パックのブロック作りも大好評
提供会員さんによる手遊びとパネルシアター。はたけのおはな」や「クイズトラック」など、どれもファミサポまつりのために作ってくれた新作です子ども達の真っすぐな眼差しが印象的
今年の撮影ポイントはおみこしの前おみこしわっしょい!の時間には、ビニール袋で作った手作りはっぴをプレゼントおみこしを担いで、元気よく『わっしょいわっしょい』子ども達から元気をもらえますね
最後はやぐらの周りに集合(やぐらの下にトンネルがあること、気付いたかないるティーも飛び入り参加洗面器の手作り太鼓の音と共に、ドラえもん音頭いるま音頭を踊りました地域の夏まつりでも踊ってね
ファミサポまつりは、日頃サポート活動をしている提供会員さんと直接ふれあえる機会です。入間の子ども達のために、準備から参加して下さった提供会員さん達のお力で、今年も素敵なあたたかいおまつりになりました
来場者の感想『皆さん優しくて、ゆったりした気持ちで楽しむことができました。』『全部手作りで“愛”を感じました。』『何度も何度も相手をして下さり、心から楽しめました。』子育てで困った時は、これからも安心してファミサポにご相談くださいね

 

ファミサポまつり2017運営会議その6

ファミサポまつりまでちょうど10日となった6月28日(水)に、最後の運営会議を行い、残っている細かい作業を分担して仕上げました今回は折り紙で金魚を折りました。中には、カニやタコもいて、にぎやかな金魚つりになりそうですね たくさん作った輪飾りは、ちょうちんと一緒に飾り、おまつりの雰囲気を盛り上げましょう
これは、以前作った巨大パクパクを、おまつりのはっぴ姿にリニューアルしている所です。はっぴはとても手が込んでいるので、会場で見つけたらよ~く見てね 親子で工作のお部屋では、1ℓの牛乳パックで、プーさんとアンパンマンのパクパクが作れますのでお楽しみに
提供会員さん手作りのおみこしもほぼ完成おみこしの前で写真を撮ったり、11:00~と13:30~は、みんなで担いで一回りするおみこしわっしょい!を行います シールラリーでは、会場の中にある「な・つ・ま・つ・り」の文字を探してシールを集めますおみこしわっしょい!や盆踊りに参加すると、さらにキラキラシールもゲット
やぐらの下は、子どもが大~好きなトンネルになっています 早速、準備に来ていた提供会員さんの子ども達が、やぐらトンネルをくぐって遊んでいました 提供会員さんと直接ふれあえるファミサポまつりは、7月8日(土)10時~15時イルミンで開催す。ぜひ、ご家族やお友達と一緒に遊びに来てくださいね~ 提供会員さんと待ってます

ファミサポまつり2017運営会議その5

 ファミサポまつり2017まで、あと2週間工作材料やお土産の準備など、提供会員さんがお家でテレビを見ながら内職してくれています皆さん、本当にありがとうございます6月23日(金)の運営会議では、各部屋の担当者を決めて、残りの準備にとりかかりました
『お家にある、いらないうちわを持ってきてくださ~い』と声をかけたら、たくさん集まりました。それをリニューアルして、こんなかわいいパンダのうちわに大変身提供会員さんのアイデアです工作コーナーで作ってね 他にも工作コーナーは盛りだくさんなので、お楽しみに
1階入口ひろばでは、毎年大人気の魚つり、3階おまつりひろばでは、金魚つりができます。金魚はもちろん本物ではありませんよ手作りのかわいいカラフル金魚をつります。1階では、ストラックアウトロケット飛ばし空き缶つみもありますので、お楽しみに。
おまつり広場のやぐらの上では、 ファミリン&サポトンが雰囲気を盛り上げます提供会員さんがはっぴを着せてくれたり、たいこを作ってくれました楽しみになってきたね さあ、準備もラストスパートです次回の運営会議は、6月28日(水)10時~。ご参加をお待ちしています

ファミサポまつり2017のお知らせ

いるまファミリー・サポート・センターでは、地域の顔見知りを増やして子育て期を楽しく過ごせるように、毎年恒例、会員さん手作りのファミサポまつりを開催しています。会員さんが当日スタッフになっていますので、ファミサポのあたたかい雰囲気もよくわかり、安心なサポートの利用にもつながります。今年のテーマは『夏まつり』。 手作りのやぐらやおみこしも登場します。赤ちゃんがゆっくり遊べるお部屋もご用意していますので、ファミサポ会員さんはもちろん、ご家族やお友達、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に遊びに来てください。赤ちゃんから小学生まで、一日ゆっくり遊べるように、休憩コーナーもあります。

日 時:平成29年7月8日(土)10:00~15:00

場 所:市民活動センター(イルミン)1階と3階

内 容:手作りのゲーム・季節の工作・赤ちゃんのお部屋・シールラリー・おみこしわっしょい!・盆踊り・おいしいものコーナー等

※ ファミサポの会員でなくてもどなたでも参加できます。

※ 詳しくは、下記ポスター&ちらしをご覧ください。

H29ファミサポまつり ポスター  おまつり内容ちらし

社協主催『いるまチャリティーバザー福の市』イルミン建物横駐車場にて同日開催!11:00~15:00

ファミサポまつり2017運営会議その4

6月14日(水)の準備では、まず初めに先週のおさらい「いるま音頭」をみんなで踊りました。『覚えているかしら?』と言っていた割には、ちゃ~んと踊れてましたね今日は、おまつりひろばのレイアウトや前回のおめんを使って、屋台のイメージを検討しました。
 前回、段ボールを並べて大きさを検討していたやぐら。提供会員さんが集めてくれた壁紙や障子紙の芯と、探して来てくれた紅白幕を合わせて、こんなイメージになりました手作りやぐら、ほんとにすごいですね~この周りで、早速盆踊りが踊りたくなりますね
 1階の入り口ひろばでは、おみこしわっしょい!を行います。『はっぴがあった方が盛り上がるよねぇ』の声に、提供会員さんが試作品を作ってきてくれました子ども達用のはっぴを、今回はビニール袋とビニールテープで作ります。元気にわっしょい!してくれるかな
ちょっと年上の女の子の『もっと手作りした~い』との声を受けて、今年はヘアーアクセサリーキャップの帽子のブローチ作りも用意しました。オリジナルの素敵な作品を作ってね次回は、6月23日(金)に開催します。当日の飛び入り参加も大歓迎です

ファミサポ今年度第1回提供会員講習会の報告

ファミサポの提供会員になるための講習会が、平成29年5月24日~6月8日に行われました。今回は基本講習会として、8日間16時間の講習でした。最初に、現在の子育て環境や入間市の子育て支援の状況を説明し、ファミサポ制度をしっかり理解していただきました。
 講習は、開講式と市内保育所の所長先生による「保育の心」からスタート。受講している方々は、今1~2歳児を子育て中の20代の若い方から、70代のおばあちゃん世代の方まで、幅広い年代。一緒に“今の子育て”と、時代が変わっても大切にしてほしいことを学びました。
 所長先生からは、牛乳パックやトイレットペーパーの芯を利用した手作りおもちゃも教えていただきました。サポートの時に、お子さんと一緒に作って遊べますね。久しぶりの工作に、皆さん真剣に取り組んでいました。
「子どもの心と体の発達」は、健康福祉センターの保健師さんのお話。産まれたて3㎏の赤ちゃん人形を抱っこすると、皆さん笑顔になりますね。「子どもの栄養と食生活」では、市内保育所の栄養士さんに食物アレルギーも含めたお話を伺いました。サポートでは、一緒に楽しく食べることを心がけてほしいですね。
 「子どもの事故と安全」では、前半は家庭内で起こりうる怪我や急病への知識と対処法を、後半は心肺蘇生とAEDの実習をしました。事故を未然に防ぐことが一番大切ですが、万が一の時にも慌てず行動できるように、繰り返し受講していただきたい講座です。
 白梅学園大学の佐々教授の「預かること・預けること・預けられること」では、三者の立場から活動を捉え、安全に預かって安全にお返しすることの大切さを学びました。「障害についての理解と保護者への支援」では、精神保健福祉士さんのお話。自分の考え方のくせやストレスへの対処法が学べる体験型の講座でした。
 最終講座「今後の活動について」では、サポート活動についての実務のお話です。最後に、先輩提供会員さんの体験談発表がありました。『自分の家族の理解とサポートがあればこその活動。とてもいい出会いがあり、楽しく活動しています。』とのお話に、活動の様子が具体的にイメージできたでしょうか。
 閉講式では、入間市社会福祉協議会の田中事務局長より、修了証書の授与が行われました。 8日間の講習、本当にお疲れ様でした。ステップアップ講習を受講し、厚労省推奨24時間講習として、さらに安心・安全なサポート活動に努めましょう。今年度第2回の基本講習は、11月~12月に開催予定です。