Skip to content
カテゴリー ホームスタート のアーカイブ

ホームビジターステップアップ研修会を開催しました

平成30年7月13日(金)に、第1回ホームビジターのステップアップ研修会を開催しました。テーマは『子どもの虐待防止』~子育ての実情と虐待事例~と題して、ファミサポの会員さんとの合同研修会として行いました。ホームビジターの皆さんも、スキルアップを図るために、熱心に受講されていました。

「ホームスタートいるま」の利用が始まりました!

入間市社会福祉協議会では、家庭訪問型子育て支援事業「ホームスタートいるま」が始まりました。ホームスタートとは、研修を受けた地域の子育て経験者(ホームビジター)が、6歳以下の未就学の子どもがいる家庭を訪問し、子育てを応援する無償のボランティア活動です。具体的には、利用者の気持ちを受けとめて話を聴いたり、利用者と一緒に家事・育児や外出などをしたりします。

平成30年3月1日より、「ホームスタートいるま」の利用申込みが始まりました。利用してみたい方は、電話またはメールにて、オーガナイザー八巻(やまき)までお気軽にご連絡ください。

ホームスタートいるま ☎04-2937-3217

 

ホームスタートいるま「ビジター養成講座」を開催

子育て家庭を訪問し、一緒に時間を過ごし、お話を聴いたり、一緒に外出したりすることで、ママが子育てを楽しむ心の余裕が生まれる手助けをするボランティア活動です。下記の日程でビジター養成講座を開催いたします。あなたの経験を生かしてみませんか?

                記

対  象:原則として子育て経験のある方で、8日間の全日程に参加でき、受講後にビジターとして活動してくださる方。(詳細は問い合わせください)

日  程:平成30年1月17日(水)~2月28日(水)

時  間:10:00~16:00

場  所:市民活動センター(イルミン)

講座内容:下記の日程表をご覧ください。

募集期間:平成29年12月7日(木)から平成30年1月9日(火)

応募方法:電話、FAX、メールにて申込み

受  講  料:無料

定  員:20名(応募多数の場合は抽選)

チラシ      日程表

ホームスタートいるま 説明会のお知らせ

入間市社会福祉協議会では、平成30年3月より家庭訪問型子育て支援事業「ホームスタートいるま」を始めることになりました。

「ホームスタートいるま」は地域の子育ての先輩が、就学前の子どもを育てるご家庭を無償で訪問し、お友達のようにお話を聴いたり、お子さんと一緒に遊んだりすることで、ママが元気に子育てできるように応援するボランティア活動です。

今、全国で90以上の地域で活動が始まっています。子育て支援に興味ある方も、どんな活動であるか聞いてみたい方も、お気軽にご参加下さい。

日 時:平成29年11月22日(水)14時~16時
場 所:市民活動センター(イルミン)3階 活動室1
参加費:無料 先着100名
内 容:ホームスタートとは? 近隣市の活動報告など
講 師:埼玉ホームスタート推進協議会 森田圭子氏ほか
申込み:電話またはEメールにて。メールの場合はお名前、住所、電話番号、子育て経験の有無を明記のこと
締 切:11月15日(水) 当日申込みもOKです。

問合せ:ホームスタートいるま(入間市社会福祉協議会内)
TEL:  04-2937-3217 担当 八巻、横田
Eメール:homestart@iruma-shakyo.or.jp

ホームスタート Q&A

(1)どんな時に使えるの
(2)どんなことをしてくれるの
(3)利用したいときはどうするの
(4)謝礼は
(5)オーガナイザーってなあに
(6)ホームビジターとは
(7)ホームビジターになるには

== 以下、お答え ==

(1)どんな時に使えるの

  • 引っ越してきたばかりで、地域のことがわからないので不安…
  • 近くに頼れる人や相談のできる人がいない…
  • 家にこもりがちで話し相手もいない…
  • 大人の人とおしゃべりがしたい…
  • はじめての子育てで、不安がいっぱい…
  • 一人での外出が心配、誰かと一緒に行けたらいいな…
  • 子育て支援センターなどに行きたいが、人が多い場所は苦手…
  • 双子や多子の育児で疲れた。一人で外出するのは大変…
  • 下の子がうまれたので、上の子をかまってあげられない…
  • 子どもに泣かれるとつらい…
  • ちょっとしたことを誰かに聞きたい…
  • 気分や体調がすぐれない…
  • 有料支援は余裕がなくて使えない…

* ひとりでの子育ては大変、誰かにちょっと頼りたい…。そんなときに遠慮なくご連絡下さい。

(2)どんなことをしてくれるの

(傾聴)

  • 子育てや生活のことなど、ママのお話を聴きます
  • 愚痴や大変さを受け止めます
  • 子どもの成長や頑張りを承認します
  • そばにいて何気ない会話をします
  • 地域や子育ての情報提供をします

(協働)

  • 一緒におやつや離乳食を作ります
  • 一緒に健診や支援センターに行きます
  • 室内や公園で一緒に子どもと遊びます
  • 他の支援の利用をサポートします

* 活動はフレンドシップを主としたものです。ベビーシッターや家事代行はしません。
* 何か特別なことをするわけではなく、親子と一緒に時間を過ごす、ママの気持ちに寄り添う、そんな活動です。

(3)利用したいときは、どうするの?

お申込み お電話かメールでご連絡下さい。
(お申込み用紙をお届けします)
オーガナイザー
が初回訪問
オーガナイザーが訪問します。
(ご希望を伺い、訪問内容を一緒に決めます)
ホームビジター
の紹介訪問
ホームビジターとオーガナイザーが一緒に訪問し、顔合わせをします。(訪問日程の調整や活動内容の確認を一緒に行います)
ホームビジター
の定期訪問
ホームビジターが週1回2時間程度、全4回を目安に訪問します。
オーガナイザー
の再訪問
オーガナイザーが再び訪問し、一緒に活動内容を振り返り、感想をお伺いします。

(4)謝礼は

  • 利用料は無料です。

(5)オーガナイザーってなあに

  • オーガナイザー…ボランティアを育成・サポートし、利用家庭のニーズに沿った支援内容をマネジメントします。支援のムラや無理が生じないように、そして、効果の高い支援を提供できるように、利用家庭とボランティア双方を守る役割を担います。

(6)ホームビジターとは

  • 子育て経験を生かして子育て家庭に訪問し、友人のように話し相手になったり、家事や育児、外出をしたり、一緒に子育てしながら親子に寄り添う「傾聴」と「協働」を大切にした無償のボランティアです。

(7)ホームビジターになるには

  • 特に資格は必要ありませんが、「ホームビジター養成講座」を受講して頂く必要があります。

* 原則として子育て経験があり、受講後ビジターとして活動してくださる方
* 研修の8日間、全日程に参加できる方

日 程 午前の部 午後の部
1日目 オリエンテーション ボランティアの役割と意義
2日目 家庭とはなにか、親とは何か 子どもの理解
3日目 傾聴の意義と方法1 傾聴の意義と方法2
4日目 家庭で活動する上でのポイント ホームビジターの実務
5日目 問題や悩みのある家庭への理解 地域の子育て支援の実際と連携
6日目 家庭の中で活動する1 家庭の中で活動する2
7日目 シェアリング・終了テスト 修了式・登録・交流会
8日目 終了後の個別面談